転職サイトの「非公開求人」とは?

転職サイトを利用したことがある方、またはご覧になったことがある方なら重々ご承知かと存じますが、どの転職サイトにも必ずあると言って良いのが「非公開求人」です。「非公開求人」は今やサイトのセールスポイントのように訴求されている感がありますが、改めて「非公開求人」とは何かと問われた場合、皆さんならどのように回答されるでしょうか。転職を検討されている方にとって転職情報を正しく理解することは転職を成功させる第一歩と言えますので、今回は「非公開求人」とは何かについて説明することに致します。


「非公開求人」とは

「非公開求人」とは求人する企業側の希望で求人情報を「非公開」としたもの。「非公開求人」がそもそも成立する理由は「非公開で求人を行いたい企業がいるから」に他なりません。転職サイトは転職応募者ではなく転職者を求める企業からの報酬が主な収益ですので、その大切なお客様の意向を無視してサイト側が勝手に非公開にすることはあり得ません。(但し転職サイト登録者に限って自由に閲覧できる求人情報については、この記事では限定的ながら「公開求人」と位置付け、「非公開」には含めないことにします)

ではなぜ企業は、求人情報を公開すれば多くの求職者が求人情報を目にすることになり、その分応募者を集めることができるのにそれを行わずわざわざ「非公開」にするのでしょうか。この理由については当サイトの「なぜ企業の大半が社名を非公開求人にするのか、その理由を公開!」という記事で詳しくその理由を紹介していますので、ぜひそちらの記事も参考にして頂きたいのですが、理由を一言で言うなら「特定の人にしか求人情報を提供しないで求人を行いたい企業側の事情がある」ということです。

例えば求人する企業側の体制です。少数の転職者しか募集しない場合には、費用対効果上企業側も採用に向けて多数の人員体制を整える訳には参りません。そのような体制で情報を公開したばかりにもし問い合わせや応募が殺到すれば、企業側にとって大きな負担となりますのでそのような事態を避けるためです。中には「非公開」ということで怪しさを感じていたという方もいるかも知れません。企業側にはご紹介したような理由から敢えて非公開で求人を行う場合がありますので、転職サイト事業者が信頼できる企業である限り、怪しい情報として心配する必要はないということです。


「非公開」のレベルにはいくつかある

「非公開求人」は企業側の要望で求人情報を非公開にしたということはご理解頂けたと思いますが、この「非公開求人」には非公開にするレベルの違いがあります。ではどのような違いがあるかと言いますと、この点はそれぞれの転職サイトのシステムや対応等によっても異なってきますので一概にこうだとは断定できませんが、おおよそ次のような3つのレベルがあると言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  3. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  2. 「日本のサラリーマンは、働きアリのように、本当によく働く」 日本人に対する、海外のそんなイメージを…
  3. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  4. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  5. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  6. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
ページ上部へ戻る