非公開求人に応募するときのメリット

求人情報は誰でも閲覧できる即ち一般に広く「公開」されている求人情報がある一方、例えば転職サイト等への登録者のみ閲覧が許される「非公開」の求人情報に大別できます。昨今、特に転職サイト等においては「非公開求人」が大半を占める状況になっていますが、転職を検討されている皆さんとしては非公開求人が増大している事実が大切ではなく、非公開求人に応募する求職者にはどのようなメリットがもたらされるのかが大切なことと言えます。そこで当編集部では「非公開求人に応募する場合のメリット」に焦点をあて、どのようなメリットがあるかを調査いたしましたのでその結果を皆さんへご紹介して参ります。


①転職サイト側の協力や強い後押しが得られる

駅前のラックに等に置かれている求人誌を発行している企業は、求人広告を掲載した時点で採用結果に関わらず広告報酬を得ることができますが、転職サイトの非公開求人は情報を特定の求職者へ紹介しただけでは原則として報酬は得られません。企業側が転職者を採用できてはじめて報酬が得られる成功報酬が基本的な仕組みになっています。

そのため転職サイト側は非公開求人を紹介し応募した人には採用が決まって欲しいため、例えば企業側にその人物をプッシュしたり、面接時のアドバイスを行ってくれたり、採用に有利になりそうな情報を提供してくれたり等々、応募者を様々な方法でバックアップしてくれます。これは公開されている求人情報ではまず得られない、非公開求人ならでは手厚いメリットと言えます。


②じっくりと対応してくれるため、落ち着いて自分をアピールしやすい

非公開求人を選択する企業側の大きな理由に、企業側が求める基本的な資質要件を満たした人の中からじっくり人材を選びたいという理由があります。公開型の求人ではどのような人が応募してくるかは履歴書を受け取るまでわかりませんが、非公開求人ならそうした条件指定が可能になるからです。

その結果、企業側としては不特定多数の応募者への面接対応等を行わなくて済みますので、条件が合った応募者にじっくりと時間をかけて面接を行う余裕が生まれますが、この点は同時に応募者のメリットにもなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  2. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  3. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  4. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  5. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  6. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
ページ上部へ戻る