日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選


12.微妙

若者言葉で「微妙」というと「いまいち良いとは言えない」という意味で使われるのですが、辞書的な意味では「趣深く、何ともいえない美しさや味わいがあること、一言では言い表せないほど細かく、複雑なさま。また、きわどくてどちらとも言い切れないさま」などを表し、日本文化で言うところの侘び寂びに通じる表現とも言えます。


13.確信犯

確信犯の間違った使い方として「悪いこととわかっていながら犯罪を行うこと」が一般的に使用される傾向がありますが、本来の正しい意味は「信念に基づいて”正しいこと”と思い込んで犯してしまう犯罪」のことをいいます。つまり「勘違い」が犯罪の引き金になってしまう様子のことをいうのです。


14.失笑する

失笑する、とは本来「思わず笑い出す」というのが正しい意味。ですが多くの人は「本当は笑えない、呆れた様子」「苦笑い」などを表現するときに間違って使用しています。漢字の構成が「笑いを失う」ともとれるため、異なる意味で使用する人が多いのではないかと推測します。


15.悪びれる

「悪びれる様子もない」という言葉を聞いたとき、多くの人が「悪事を働いたことに対して悪いと思わない態度」や「反省していない様子」という意味を思い浮かべます。ですが本来の意味は「恥ずかしがったり、卑屈な態度をとる」です。


16.(話の)さわり

プレゼンテーターの言葉で「これから話す◯◯の内容について、さわりを先にお伝えします」という言葉、聞いたことのある人も少なくないと思います。「さわり」の本来の意味は「話の要点」です。しかし間違った意味で「話しの最初の部分」と捉える人は非常に多く、2人に1人は意味を間違えているという結果も。


17.檄(げき)を飛ばす

「檄を飛ばす」の本来の意味は「主張や考えを周りの人に知らせて、決起を促す」です。例えば、営業部署内の目標を達成できず、社員の間で諦めムードが漂っているときに、上司がリーダーシップを発揮して「諦めずに頑張ろう!もう一度、担当しているお客様と接触するぞ!」と決起することです。ですが間違った意味で「活気のない人に刺激を与えて元気づける」という使い方をしている人も。


18.煮詰まる

「煮詰まる」の正しい意味は「議論を重ねて、結論が出る段階に近づく」こと。しかし、会議の場などで煮詰まるを使用するときの多くは「行き詰まって結論が出せない状態になること」を想像させてしまっています。実はゴールに近づいている状態のときに用いる言葉なのです。


19.割愛(かつあい)

プレゼンの場などで「時間の都合により、割愛させていただきます」という言葉を用いることがあります。割愛とは、「惜しいと思うものを、思い切って捨てる」というのが正しい意味ですが、「不必要なものを捨て去る」と認識する人も実は40%ほどいます。


20.ぞっとしない

「ぞっとしない」の正しい意味は「おもしろくない、感心しない」という意味です。しかし多くの人は「恐ろしくない」と思い込んでいます。おそらくこれは「ぞっとする」の意味が「寒さや恐怖によって体が震え上がるさま」という意味であり、その否定形と捉えているからだと思いますが、実は意味が全く大異なるので注意しましょう。


目上の人との会話では特に言葉の意味に注意しよう

目上の人との会話では特に言葉の意味に注意しよう間違った意味で使われる日本語について、30代以下の世代は、異なる意味で使用されることが多い傾向にあり、一方で、40代以上の世代の人は、比較的本来の意味で言葉を使用しています。

社会人になると目上の人と会話をする機会が増えるため、もし異なる意味を使ってしまうと指摘されてしまうことも。正しい使い方が出来ているか、改めて意味を確かめ、伝えることも大切です。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…
  2. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…
  3. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  2. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  3. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  4. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  5. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  6. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
ページ上部へ戻る