投資銀行への転職に有利な条件・資格

転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしていると有利な条件などについては、転職活動を有利に進めるためにも知っておくことが非常に重要です。投資銀行への転職の際には、どんな条件や資格があれば有利になるのかをご存知でしょうか?やはりどうしても狭き門になりがちな投資銀行への転職ですが、有利に進めることが出来る条件や資格などにつてご紹介していきたいと思います。


投資銀行への転職を有利にする5つの条件・資格

1:MBAホルダー

mba投資銀行での業務は一般の銀行業務と違い、株式や債券の引受け、その他にも企業への金融に関するアドバイスなども行う必要があります。そのような観点から、やはり採用側の意向としてMBAホルダーは優遇される傾向にあると言えます。また海外の有名なビジネススクールなどを卒業しているなどのキャリアも、同じように転職活動において有利に進めることが可能な魅力的な条件だと言えます。


2:TOEFL、TOEIC

toeic投資銀行での業務には高い語学力を求められます。これは外資系・日系問わず、その職種柄どうしても語学力は必要となるわけですが、学歴が高くても語学力が低いと転職においては不利だと言われます。そうしたことから語学力を表すTOEFL、TOEICなどのスコアは転職の際の判断材料として重要な項目の1つだと言われています。投資銀行への転職を目指すにあたっては、やはり少しでも高いスコアを取得しておくように事前に準備して望むことも重要です。


3:会計士

会計士一般的な銀行への転職には会計士、公認会計士の資格があると有利です。投資銀行への転職ではこうした資格は一般的な銀行への転職時ほど重要視されることはありませんが、やはり持っておくにこしたことはありません。他に自分の強みとなる資格や経験、条件などがある場合においてはそこまで重視する必要はないかもしれませんが、特に武器となる資格などが無い場合などには、こうした資格でも自分の強みや武器としてアピールへと活かすことが出来るはずです。


4:CFA(米国証券アナリスト)

証券アナリスト証券アナリストの資格を所有することでアナリストとして活動することが可能です。アナリストは経済の分析や企業の財務分析などを行いますので、投資銀行での勤務においてもその資格や経験は大きなプラスとなります。また、証券アナリストの資格を保有している事はもちろん、それを活かしてアナリストとして活躍した経験などがある場合には大きな武器となります。アナリストとしての経験を持つ人材を求めている企業などを探してみるのも良いことかもしれません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  2. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…
  3. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  2. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  3. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  4. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  5. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  6. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
ページ上部へ戻る