投資銀行への転職に有利な条件・資格

転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしていると有利な条件などについては、転職活動を有利に進めるためにも知っておくことが非常に重要です。投資銀行への転職の際には、どんな条件や資格があれば有利になるのかをご存知でしょうか?やはりどうしても狭き門になりがちな投資銀行への転職ですが、有利に進めることが出来る条件や資格などにつてご紹介していきたいと思います。


投資銀行への転職を有利にする5つの条件・資格

1:MBAホルダー

mba投資銀行での業務は一般の銀行業務と違い、株式や債券の引受け、その他にも企業への金融に関するアドバイスなども行う必要があります。そのような観点から、やはり採用側の意向としてMBAホルダーは優遇される傾向にあると言えます。また海外の有名なビジネススクールなどを卒業しているなどのキャリアも、同じように転職活動において有利に進めることが可能な魅力的な条件だと言えます。


2:TOEFL、TOEIC

toeic投資銀行での業務には高い語学力を求められます。これは外資系・日系問わず、その職種柄どうしても語学力は必要となるわけですが、学歴が高くても語学力が低いと転職においては不利だと言われます。そうしたことから語学力を表すTOEFL、TOEICなどのスコアは転職の際の判断材料として重要な項目の1つだと言われています。投資銀行への転職を目指すにあたっては、やはり少しでも高いスコアを取得しておくように事前に準備して望むことも重要です。


3:会計士

会計士一般的な銀行への転職には会計士、公認会計士の資格があると有利です。投資銀行への転職ではこうした資格は一般的な銀行への転職時ほど重要視されることはありませんが、やはり持っておくにこしたことはありません。他に自分の強みとなる資格や経験、条件などがある場合においてはそこまで重視する必要はないかもしれませんが、特に武器となる資格などが無い場合などには、こうした資格でも自分の強みや武器としてアピールへと活かすことが出来るはずです。


4:CFA(米国証券アナリスト)

証券アナリスト証券アナリストの資格を所有することでアナリストとして活動することが可能です。アナリストは経済の分析や企業の財務分析などを行いますので、投資銀行での勤務においてもその資格や経験は大きなプラスとなります。また、証券アナリストの資格を保有している事はもちろん、それを活かしてアナリストとして活躍した経験などがある場合には大きな武器となります。アナリストとしての経験を持つ人材を求めている企業などを探してみるのも良いことかもしれません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  2. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  3. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  2. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  3. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  4. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  5. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  6. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
ページ上部へ戻る