【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

面接は、企業と就職希望者の意思疎通を行う大事な場面です。面接の合否の結果は、就職希望者のこれまでの経歴・キャリアはもちろん、仕事に対する姿勢や人柄などを総合的に判断して決定が下されます。

履歴書や職務経歴書を見れば、ある程度、転職希望者のキャリアやこれまでの人生を大まかに理解できますが、人柄や性格に関しては、面接官との面談で実際に話をしないと見えてきません。

面接の場では、基本、面接官からの質問に転職希望者が答えることによってやり取りが行われるものですが、人柄を知るための代表的な質問として挙げられるのが就職希望者の性格です。性格の中でも特に長所は、仕事の成功事例と直結する要素と見られることが多いため、的確に答える必要があります。今回は、面接で長所を答えるときの回答例をご紹介していきます。

面接で長所を答える時に意識すべきポイント

面接で長所を答える時に意識すべきポイント

面接で長所を答えるときの要点

面接の場面で「あなたの長所を教えてください」と質問されたとき、あなたならどう答えますか?この質問に答えるときに注意しないといけないのは、あなたの長所を伝えるだけで完結してはいけないということです。面接官が質問を通じて知りたいのは、以下のポイントです。

面接官があなたの長所から知りたいこと

  • あなたの長所はどんなところか
  • 現職では、長所をどのように活かしているのか
  • 当社では長所をどのように活かせるのか

面接官が長所を質問する理由は、仕事の適正の有無を確認したいからであり、また自身のことを正確に自己分析ができている人か、長所を聞くことによって判断したいと思っているからです。

あなたには性格上、どんな長所や強みがあり、それを活かして、自社でどのように活躍しようと考えているか、キャリアプランを含めて聞きたいと思っています。そのため、キャリアプランの裏付けとなる「長所を現職でどのように活かしているか」を具体的に示すことが、とても大切です。その長所と回答例をご紹介していきます。

面接で長所を答えるときの正しい順序

同じテーマについて話すにしても、話し上手な人と喋り下手な人では、聞き手の理解度や伝わり方は全くの別物になってしまいます。

面接の場面でも同様に、長所の答え方の順番が前後するだけで、面接官が納得し認めてもらえる回答と、適性がないと判断される回答に二分されてしまうのです。面接で長所を答えるときの面接官に伝わりやすい回答例を確認していきましょう。

面接官に伝わる長所の回答例

長所を答えるときの正しい順序は「結論→根拠→仕事への活かし方」です。上述した「面接官があなたの長所から知りたいこと」を当てはめると以下のようになります。

  • 結論:あなたの長所はどんなところか
  • 根拠:現職では、長所をどのように活かしているのか
  • 仕事への活かし方:当社では長所をどのように活かせるのか

この順番で面接官に伝えると、あなたの長所とともに、仕事で生かせるビジネススキルや実務能力も理解でき、またその話し方からコミュニケーション能力の高さもアピールすることができるでしょう。では具体的に回答例をご紹介します。

  • 結論:私の長所は、コツコツ努力できるところです。
  • 根拠:現職では、新規開拓の飛び込み訪問件数を月に1000件行うことを目標にし、在籍している3年の間、一度も未達に終わることなく実行してきました。その結果、社内にいる営業社員300名の中で5名しか選出されない新規開拓賞に3期連続で受賞されています。
  • 仕事への活かし方:御社でも地道に努力できる強みを生かして新規開拓を積極的に行い、新たな顧客層を獲得することはもちろん、社内でも新規開拓の重要性を行動で示し、存在感を高めることで貢献していきます。

上記の流れで伝えると、努力を仕事にどのように生かすのか、転職希望者の強みを理解することができます。

面接で落ちる長所の回答例

続いては面接で落ちる人が質問に答えるときのNG回答例のポイントをご紹介します。

面接で落ちる人のNG回答例

  • 最後まで話を聞かないと結論がわからない
  • だらだらと考えながら話す
  • 論理的に話せない

それぞれのNGポイントを見ていきましょう。

最後まで話を聞かないと結論がわからない

結論から先に述べる話し方は、ビジネスマンに必須のコミュニケーションスキルです。もちろん、面接官も話し方を身につけているか、確認しています。

話を最後まで聞かないと相手が何を伝えたいのか分からないと、聞き手は話を聞く集中力を途中で切らしてしまったり、イライラさせてしまうため、まずは結論を伝えることを意識しましょう。

だらだらと考えながら話す

要領の得ない話ほど、聞いていて苦痛なことはありません。ですが実際に面接の場面では、自分の言いたいことを全部伝えようと、一方的に話し続けてしまう人は少なくありません。

話が終わるまで待っている面接官は、途中からあなたの話を聞くことを止め、「この人は、相手の気持ちがわからない人だな」と心の中で思っています。

論理的に話せない

話の内容が曖昧で分かりにくい人も、面接では不利になります。

例えば長所の根拠を答える部分で「現職では営業を頑張っていました」と回答した場合、こだわったポイントはどこで、結果がどのようになったか、要点を押さえて具体的かつ簡潔に答えることが求められます。長所を答えるときは、曖昧な表現になっていないか、客観的に確認することが大切です。

面接官に好印象!長所を答えるときのポイント

面接官に好印象!長所を答えるときのポイント

話は3分以内が目安

面接官の質問に答えるときの話の長さは、長くても3分、できれば2分以内を目安にしましょう。文字数にすると300〜500文字を意識すれば、要点を押さえ、かつ端的に述べることができます。

回答に数値を組み入れる

実績を正確に伝えてアピールするためにも、曖昧な表現は避け、できるかぎり数値化して伝えましょう。例えば「営業成績が上がりました」よりも「営業成績が前月比で15%上がって、売上を800万円計上しました」と答えるほうが、聞き手には分かりやすいですよね。特に「根拠」を答えるときは数字を組み入れることによって説得力が増します。

笑顔でゆっくり話す

面接で緊張すると、早口になってしまったり、息継ぎをしないタイミングで話を区切ったりしてしまいがち。落ち着いて、ゆっくり話すことを意識しましょう。また顔の表情が強張っていないか、笑顔で話せているか、鏡で確認しながら練習するのも効果的です。

長所の回答例10選

長所の回答例10選

長所(1)協調性がある

私の長所は協調性があるところです。

部署間の密接な協力が必要となる大きなプロジェクトに対して、それぞれの部署の意見を調整して取り組み、予定を上回るペースで進めることができました。その結果を顧客に評価頂いて、次期も発注のお話を頂きました。

御社でも他部署やチーム内でも協力して円滑に業務を運営していきたいと思います。

長所(2)責任感が強い

私の長所は責任感が強いことです。

これまで個人の営業目標は在職している3年の間、毎月必ず達成してきました。達成が難しいときもありましたが、どんな状況でも諦めずに見込み先や既存顧客と再度接触を図り、月末最終日に目標到達できたこともありました。現職で3年間、一度も目標を外さなかったのは私だけです。

御社でも決められた目標は必ず毎月達成するとともに、現場の士気を高めることで貢献していきます。

長所(3)逆境に強い

私の長所は逆境に強いことです。

会社で取り扱っている商品の不備が発覚したときに、私はすぐに担当していた全ての顧客へ連絡し、お詫びを兼ねて訪問し続けました。不満を持った顧客の話を聞くことに徹していましたが、すぐに対応したことや姿勢を評価頂き、代わりの商品の販売につなげることができました。そのため、不備があった翌月は全社でもトップ20位の営業成績を収めることができました。

経済情勢や業界動向が悪化した場合でも、そのピンチをチャンスと捉えて、常に前向きな姿勢で行動して参ります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…
  2. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  3. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  2. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  3. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  4. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  5. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  6. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
ページ上部へ戻る