面接の日程通知への返信メールの書き方【例文付き】

就職・転職活動における序盤の大きな山と言えば書類選考であり、書類選考を無事通過したら今度はいよいよ面接試験へと進むことになりますが、面接試験への備えは万全でしょうか。面接試験の日程は通常メールまたは電話で案内されるものですが、今回のテーマは面接日程をメールで通知された場合の返信メールの書き方やそのポイントについてです。

そこで「通知内容に同意する場合」、「希望する日時を知らせる場合」、「指定された日時以外を希望する場合」の3つのパターンに分けて、それぞれの例文と共に書き方やポイントを御紹介することに致します。


①返信メールの書き方「通知内容に同意する場合」

面接日程がメールで通知され、それに参加できる場合即ち指定された日程どおりで良い場合の返信メールの書き方です。

例文

【件名】Re:面接の日程のお知らせについて

○○株式会社人事部
採用担当 ○○○○課長

書類選考に応募させて頂きました、(○○大学○○学部の)○○○○でございます。
この度は面接試験の日程をお知らせ頂き、誠に有難うございます。
御指定頂いた下記の場所・日時にお伺いさせて頂きます。

【面接会場の希望日程】
・場所:○○株式会社本社ビル7F 第三応接室
・日時:○○年○○月○○日 午後2時30分より

お忙しいところ恐縮ですが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。
・本人氏名
・緊急時の電話連絡先
・メールアドレス

例文にもとづいてポイントを確認することにしましょう。まず件名としては「Re:」でマナー上全く問題ありません。むしろ相手としては、通知したメールに目を通したことも認識できるという点で望ましいと言えます。

次に、返信メールであったとしても「場所」や「日時」の部分に関しては、引用は避け、改めて入力するようにした方が良いと言えます。引用であればコピペとなりますので、日時を間違いなくこちらが認識しているか相手側には一抹の不安が残りますが、引用ではなく改めて入力すればこちらが場所、日時共にしっかりと確認していることを伝えることができるからです。


②返信メールの書き方「希望する日時を知らせる場合」

続いて、相手から希望する日時を指定するよう通知された場合の返信メールを例文で確認することにしましょう。尚、先ほど①でご紹介した件名や、相手社名、こちら側の情報等共通している部分は割愛致します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  3. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  2. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  3. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  4. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  5. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  6. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
ページ上部へ戻る