面接の日程通知への返信メールの書き方【例文付き】

就職・転職活動における序盤の大きな山と言えば書類選考であり、書類選考を無事通過したら今度はいよいよ面接試験へと進むことになりますが、面接試験への備えは万全でしょうか。面接試験の日程は通常メールまたは電話で案内されるものですが、今回のテーマは面接日程をメールで通知された場合の返信メールの書き方やそのポイントについてです。

そこで「通知内容に同意する場合」、「希望する日時を知らせる場合」、「指定された日時以外を希望する場合」の3つのパターンに分けて、それぞれの例文と共に書き方やポイントを御紹介することに致します。


①返信メールの書き方「通知内容に同意する場合」

面接日程がメールで通知され、それに参加できる場合即ち指定された日程どおりで良い場合の返信メールの書き方です。

例文

【件名】Re:面接の日程のお知らせについて

○○株式会社人事部
採用担当 ○○○○課長

書類選考に応募させて頂きました、(○○大学○○学部の)○○○○でございます。
この度は面接試験の日程をお知らせ頂き、誠に有難うございます。
御指定頂いた下記の場所・日時にお伺いさせて頂きます。

【面接会場の希望日程】
・場所:○○株式会社本社ビル7F 第三応接室
・日時:○○年○○月○○日 午後2時30分より

お忙しいところ恐縮ですが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。
・本人氏名
・緊急時の電話連絡先
・メールアドレス

例文にもとづいてポイントを確認することにしましょう。まず件名としては「Re:」でマナー上全く問題ありません。むしろ相手としては、通知したメールに目を通したことも認識できるという点で望ましいと言えます。

次に、返信メールであったとしても「場所」や「日時」の部分に関しては、引用は避け、改めて入力するようにした方が良いと言えます。引用であればコピペとなりますので、日時を間違いなくこちらが認識しているか相手側には一抹の不安が残りますが、引用ではなく改めて入力すればこちらが場所、日時共にしっかりと確認していることを伝えることができるからです。


②返信メールの書き方「希望する日時を知らせる場合」

続いて、相手から希望する日時を指定するよう通知された場合の返信メールを例文で確認することにしましょう。尚、先ほど①でご紹介した件名や、相手社名、こちら側の情報等共通している部分は割愛致します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    毎日のようにしつこくかかってくる営業の電話、うんざりしていませんか。「社長さんはいらっしゃいませんか…
  2. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  3. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  2. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  3. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  4. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  5. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  6. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
ページ上部へ戻る