面接官からの質問で短所を聞かれたときの答え方4選

面接試験で聞かれる定番の質問事項の一つが、長所や短所といった性格に関する質問です。もっとも「長所」の方なら雄弁に回答もできますが、問題は「短所」ですよね。自分の短所は回答の仕方によってはマイナス評価につながるおそれがある上、近年では短所に対するマニュアル的な回答方法が通用しなくなってきています。そこで編集部では、そうした傾向も踏まえた上での答え方例やポイントを御紹介することにします。

短所の答え方ポイント①:長所を短所として回答する

短所について聞かれた場合、例えば「神経質である」としたら「神経質な面が短所だが、神経質ゆえに見落としがないよう細かくチェックするため、人よりミスが少ない」といった長所に絡めて短所を回答するという方法がポピュラーな対策でした。

ところがこの方法は、ネット等を介して広く普及したためか多くの就活生等がこの方法を利用するため、面接官にしてみればうんざりする回答の仕方になってきたことと、本来は短所を尋ねている質問なのに「長所」を聞かされるようになってしまうことから敬遠されるようになっています。

そこで、このことを逆手にとって「長所から短所を導く」という回答方法なら、そうした敬遠される要素を回避しつつ、ただ悪い面だけではない短所としてスマートに面接官へ伝えることが可能になります。では具体的な回答例ですが、もう一つポイントを説明してから例文で御紹介しますので後ほどのお楽しみとしておいて下さい。

短所の答え方ポイント②:短所との向き合い方を伝える

面接官は「短所」だけを知りたいのではなく、自覚している「短所」なら放置してこなかったであろうという前提の元、「短所とどう向き合ってきたか」についても知りたいのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  2. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  3. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  4. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  5. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  6. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
ページ上部へ戻る