面接官からの質問で短所を聞かれたときの答え方4選

面接試験で聞かれる定番の質問事項の一つが、長所や短所といった性格に関する質問です。もっとも「長所」の方なら雄弁に回答もできますが、問題は「短所」ですよね。自分の短所は回答の仕方によってはマイナス評価につながるおそれがある上、近年では短所に対するマニュアル的な回答方法が通用しなくなってきています。そこで編集部では、そうした傾向も踏まえた上での答え方例やポイントを御紹介することにします。

短所の答え方ポイント①:長所を短所として回答する

短所について聞かれた場合、例えば「神経質である」としたら「神経質な面が短所だが、神経質ゆえに見落としがないよう細かくチェックするため、人よりミスが少ない」といった長所に絡めて短所を回答するという方法がポピュラーな対策でした。

ところがこの方法は、ネット等を介して広く普及したためか多くの就活生等がこの方法を利用するため、面接官にしてみればうんざりする回答の仕方になってきたことと、本来は短所を尋ねている質問なのに「長所」を聞かされるようになってしまうことから敬遠されるようになっています。

そこで、このことを逆手にとって「長所から短所を導く」という回答方法なら、そうした敬遠される要素を回避しつつ、ただ悪い面だけではない短所としてスマートに面接官へ伝えることが可能になります。では具体的な回答例ですが、もう一つポイントを説明してから例文で御紹介しますので後ほどのお楽しみとしておいて下さい。

短所の答え方ポイント②:短所との向き合い方を伝える

面接官は「短所」だけを知りたいのではなく、自覚している「短所」なら放置してこなかったであろうという前提の元、「短所とどう向き合ってきたか」についても知りたいのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成功する人に共通する特徴・習慣17選

    誰もが成功者になりたいと思う人は少なくないと思います。しかし悲しいかな、漠然と願うだけでは成功者にな…
  2. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  2. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  3. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  4. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  5. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  6. 役職の順番を理解する 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
ページ上部へ戻る