面接で答える将来のキャリアビジョンの例5つ

終身雇用制が前提と言えなくなってきた現在、就職試験の面接における質問事項として「将来のキャリアビジョン」は、これまで以上に重視されるようになってきました。それだけに、就職・転職を考えている方は面接官から好印象を勝ち取れるよう簡潔でわかりやすく、尚且つ説得力がある将来のキャリアビジョンを回答する必要がありますが、果たして準備は万端でしょうか。

自分自身の思いだけに伝え方が難しい将来のキャリアビジョンですが、それでも模範的な回答事例を参考にすれば、どのように伝えれば良いか勘所などは掴めるようになります。そこで、面接時に回答する将来のキャリアビジョン回答例を具体的なテーマごとに集めてみましたので、ぜひ参考にしてください。

①部下に対するマネジメントや育成をテーマとした回答例

入社したら当然仕事を覚えることが先決だと思いますが、その際にどのような指導を受けたか、特にどのような指導が自分の成長に役立ったか等、上司や先輩の指導方法も並行してしっかりと学びたいと考えております。その後3年から5年程度は先輩社員として後輩の指導を通じて、部下を持った場合のマネジメントの基礎力を高めてゆきたいと考えています。

その先の5年後から10年後はやはり御社の管理職として昇進し、後輩社員の指導を通じて培ってきた指導力等を活かしつつ、上司として部下からも信頼される人間へと成長したいと考えております。

②専門職や技術を高めることをテーマした回答例

入社後はまず大学で学んできたことをベースに、御社の研究開発部門で身に付けなければならない最新の技術や知識等を徹底的に学び、一刻も早く先輩社員の技術研究や開発のアシスタント業務等を担えるよう全力を尽くすつもりです。

次に3年から5年を目安として自分自身で発案した技術の研究へ主体的に取り組み、会社へ一定の利益として還元できるような商品開発に結び付けられる成果を生み出したいと考えております。

さらに10年後には○○という研究テーマのスペシャリストとして、この分野のことなら私に聞いてもらえば何でもわかる、会社の中で最もこの分野について精通している社員と言われるぐらいの高度な専門性を身に付け、誰もから頼られる存在の技術者になりたいと考えております。

③営業職での成長をテーマとした回答例

営業職として入社できましたら、御社の商品知識を身に付けると共に優秀な先輩社員からご指導を仰ぎつつ、営業の基本をできるだけ早期に体に叩き込みたいと考えております。

その後数年以内、遅くとも5年以内には少なくとも年間で1度以上は支店で1位、全国でもベスト10入りを果たせるぐらいの月間売上げを出せるよう最大限の努力をするつもりです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司との昼食ランチマナー6選

    上司との昼食ランチマナー6選

    職場の上司にランチを誘われて昼食を一緒に食べに行くことになったとき、あなたは必要なマナーを心がけて接…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  2. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  3. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  4. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  5. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  6. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
ページ上部へ戻る