リクルーター面談で私服指定されたときの服装の正しい選び方

服装に指定がある場合

服装に指定がある場合

企業側から具体的な服装の指定がある場合は、それに従って服装を用意しましょう。その際は、身だしなみや着こなしには注意が必要です。私服での参加を求められた場合、派手すぎる色や個性的すぎる服装・露出が高い服装は好ましくありません。ジーパンもNGです。常識の範囲で服装を選びましょう。

私服で来るように指定がある場合

学生や求職者の素のキャラクターを引き出すことを目的に、最近では「私服で来るように」とだけ指定をする企業も増えてきています。服装は、その人の人間性や個性が現れるので、企業の選考にとって重要な情報源となります。しかし、ありのままの自然体の自分をアピールしたいからといって、Tシャツやパーカーなどの普段着で行くのはリスキーなのであまりおすすめ出来ません。

リクルーター面談の際に私服と言われれば「ビジネスカジュアル」と考えてまず問題ありません。襟付きのシャツにジャケットとパンツ(女性であればスカートも可)を着用していきましょう。色の組み合わせやシルエット、着こなし方などはある程度、個人の好き好きで判断。きちっとした印象を与えた方がその後の選考にも有利なので、そこを意識すると良いでしょう。

私服を準備する上でのヒント

リクルーター面談を含む面接を行う上で、企業側はジョブマッチングを重視しています。求職者がいざ自社で働くことになったときの業務内容や、企業の方針などとの親和性の高さを重要視しているのです。企業側は人材採用が大きなコストになっており、採用する人にはできるだけ長期就業してもらうことを期待しています。出来るだけ自社の企業カラーや社風に順応できる人を採用する傾向にあるのです。

以上のことを踏まえて考えると、私腹をチョイスする際にヒントになるかもしれません。企業研究として、その会社にどのような人が勤務しているのか、その会社はどのような理念を持っているかなど、その会社の社風などを深く理解すればリクルーター面談もプラスに働きます。

例えば、インフラ系や金融系であれば、オーソドックスでかっちりとした服装を心がける。反対に、アパレルや化粧品などの会社では、最近のトレンドに沿った服装で参加する。ITベンチャー企業等であれば、ビジネスカジュアルの範囲で、ある程度ラフな格好。こうすることによって、リクルーターに親和性を感じてもらえるので、私服での参加を指定されたときは、企業のホームページや採用担当者の服装、性格などをひとつの目安にして服装を選びましょう。

服装選びも面接対策の一環

リクルーター面談は採用試験ではないことからと軽く考えてしまいがちですが、企業にとっては大切な選考プロセスの一環です。参加する側もきちんと対策をして好印象を与えれるように心がけるべきでしょう。せっかく面談で上手くアピールできたとしても、服装でマイナス点を付けられてしまっては元も子もありません。おしゃれする必要はありませんが、悪い印象を与えない程度の清潔感のある服装で臨むことをおすすめします。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  2. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  2. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  3. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  4. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  5. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  6. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
ページ上部へ戻る