リクルーター面談で私服指定されたときの服装の正しい選び方

就職活動といえば、リクルートスーツというのが就職活動中の学生の常識として認識されています。しかし、最近ではカジュアルな服装での説明会参加や、非公式の場での企業との関わりが増えてきていのも事実。そのひとつがリクルーター面談と言われるもので、正式な採用試験の前段階にあたるモノです。多くの場合、企業の若手社員などが担当しており、フランクに就職に対する思いや希望などをヒアリングするための機会と位置づけられています。

面談の実施場所は、カフェやオフィスの会議室など様々で、「当日はスーツでお越しください」と服装を指定されることや、「気軽に私服でお越しください」と言われることがあります。今回は、そんなリクルート面接で失敗しないための適切な服装の選び方を「服装に指定がない場合」、「服装に指定がある場合」のパターンに分けて解説したいと思います。

企業が私服指定する意図・目的

企業が私服指定する意図・目的

これまでは、就職活動ではリクルートスーツを着用し、説明会や面談に参加するのが暗黙の了解でした。しかし最近では、企業担当者から私服での参加を指定されるケースが増えています。企業が私服指定するのにはどのような意図や目的があるのでしょうか。まずはそこを押さえておきましょう。

1.学生のキャラクターを知りたい

採用担当者が面談する際、就活生は皆、黒のリクルートスーツに身を包んで同じような恰好をしていることから、個々のキャラを理解できず、同じような人物に見えてしまいます。もっと学生の個性や性格を理解したいという企業側の想いから「普段通りの私服」を指定しています。

2.一般常識がある学生か理解したい

私服を指定されたからといって、普段着であればどんな格好で参加しても良いという訳ではありません。企業担当者は、その場に相応しい適切な服装を選ぶことができる学生かを判断しています。特に、営業職の採用募集をしている企業であればこの点には注意しましょう。自分の主観ではなく、相手目線に立って物事を考えることができる人物かチェックされていると考えましょう。

3.リラックスした状態で参加してほしい

普段着慣れていないリクルートスーツを着て初対面の人と会うのは、学生なら誰でも緊張するものです。企業としても、面談の機会をせっかく設けても、学生の素が見られないと意味がありません。参加者には自然体で参加して欲しいという企業側の思いから、私服での参加を促しているのです。

服装に指定がない場合

服装に指定がない場合は、リクルートスーツを着ていくことがマナーです。就活中であれば、黒のリクルートスーツを着ていることに関して突っ込まれることもありません。シャツのしわ、サイズ感、着こなし、男性であればネクタイの締め方など基本的なところを押さえておけば、まず悪い印象を与えることはありません。

しかし、服装に指定がない場合でも気を付けなければいけないのはTPO。1対1の面接であれば問題ないのですが、複数の参加者がいる際には、周りと服装を合わせることが無難です。特に、カフェなどの比較的緩い、カジュアルな場所で開催されるのであれば、念のために予備で私服を用意して行っても良いでしょう。もし準備が足りずに、他の参加者と服装の雰囲気が大きく異なり、場違い感が出てしまった場合は、リクルーターにひと言断りを入れておくと良いかもしれません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  2. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…
  3. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  2. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  3. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  4. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  5. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  6. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
ページ上部へ戻る