面接官が複数人いるときに注意すべきポイント

面接は面接官一人で実施される場合と、複数の面接官によって行われる場合の二通りに大別することができますが、それぞれの注意点やポイントについてご存知でしょうか。面接官が複数いる場合、面接官が一人で行われる面接試験とは異なる独特の注意点や、面接攻略上のポイントというものがあります。今回は面接官が複数人いる場合の面接に臨む上での注意点やポイントについて、お伝えして参ります。

①面接官全員が同様な立場で実施される面接は「1対1」のつもりで臨む

複数の面接官で面接を実施する場合、面接官全員がフラットな状況から応募者に臨むケース(役職上の上下関係はあるかも知れませんが、そうした関係が少なくとも応募者からはわからないケースです)と、予め役割分担を決めた上で応募者に臨むケースの二通りがあります。

まず前者のパターンの場合のポイントは複雑に考えないこと、「面接官は一人」と考えることです。企業側が面接官の役割分担を行わずに面接に臨んでいるのは、それぞれの異なる視点から応募者を客観的に評価しようと言う目的からです。

そのため、それぞれの視点から、それぞれが尋ねたいことを質問することが基本となります。そのような場合にはボールを放った人に向かって返すこと、一つ一つの質問についてそれぞれ一対一で対応することが基本になります。

具体的には質問を投げかけてきた面接官の目を見て、その面接官に対して回答を返すことを心掛ければ良いだけです。勿論、他の面接官はその質問に対する回答内容にも聞き耳を立てていることは言うまでもありません。しかし、それを意識して堅くなる必要はないということです。

②役割分担がある場合は「動じない」ことが鉄則

次に役割分担がある場合の対応です。例えば、主に質問をする面接官がいる一方、睨みつけるような鋭い視線でじっと応募者を見つめるだけで何ら質問をしない面接官だとか、応募者が回答している間ずっと腕を組んでよそ見をしている面接官などがいる場合は役割分担がなされていると見なして良いです。

企業側が役割分担をして面接に臨む目的は、応募者がどのような状況でも冷静に対応できる能力がある人物かを評価するためです。そのため、それぞれ自分の役割を面接官が「演じる」ことで応募者に動揺を与えようとする訳です。この場合のポイントは明白です。そうした役割を演じている面接官の態度にとにかく動じないことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…
  3. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  2. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  3. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  4. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  5. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  6. 会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必…
ページ上部へ戻る