グループ面接と個別面接の2つの違い

面接で割り当てられる時間が違ってくる

集団面接と個人面接では、自分が面接をする割り当て時間が異なってきます。個人面接の場合は、一人ですので盛り上がれば1時間ほど時間を取ってもらうことができます。そのため、もし自分の意見がまとまり切れない場合でもじっくり話せるのでまだ安心できますが、集団の場合はそういうわけにはいきません。

一人当たりの時間が決まっているので、意見をいかに簡潔にまとめ伝えることができるかがポイントになります。集団面接では、面接官からの一つの質問に対して一人に与えられる時間が1分程度と非常に短いです。

長々と話しをすることもできますが、こうした対応をしてしまうと協調性が欠けていると判断されてしまいます。決められた時間の中で、いかに意見をまとめて伝えることができるかを練習しましょう。

集団面接では、周囲に学生がいるため、「周りの人の方が優れている」「自分よりも能力が高い」と感じてしまうことがあります。ですが、あまりにも周りを気にしすぎてしまうと緊張してしまい、自分をアピールすることができなくなります。面接の練習をする時は、自分をしっかり見つめ簡潔にまとめられるように練習をしましょう。

あなたが緊張しているほど、面接官は気にしていません。緊張したり劣等感を感じると、声が小さくなったり、思うように話せなくなるので気をつけてくださいね。

個別面接と集団面接は同じではない

個別と集団面接を一緒の感覚で行ってしまうと、いざ面接になったとき失敗する恐れがあります。下記の点に注意しながら面接対策をしていきましょう。

個別面接の場合は、過去に出題された質問の回答を考える必要があります。一人ですので、面接の時間が非常に長くなります。様々なジャンルの質問が飛んで来ますので、質問慣れをしておきましょう。

集団面接の場合は時間が限られているので、瞬時にまとめ上げられるような能力を身に付ける必要があります。そして、他の人に少しでも差をつける為にも、自己PRを丁寧に考えるようにしましょう。

一般的でありきたりなPR方法では周りの人と内容が被ってしまう恐れがあります。これでは面接官の印象に残りにくくなってしまいます。

それに、長々と話しをしてもいけないので限られた時間内で要点をしっかりまとめ、アピールできるように、対策をしておきましょう。集団面接では、質問数も少ないので事前にピックアップし練習するとよいでしょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  2. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  2. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  3. 2014年に発売されベストセラーにもなった「京セラフィロソフィー」こちらの本は京セラの会長でもあり、…
  4. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  5. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  6. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
ページ上部へ戻る