グループ面接と個別面接の2つの違い

就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団面接」と「個別面接」の2種類があり、どちらもそれぞれの特性に合った対策が必要になります。

「面接だから同じ」と言った感覚で対策をせず本番に挑むと、失敗してしまうことになりますので、それぞれの面接対策をしっかりと行いましょう。面接のチャンスは一度きり。後で後悔しても取り戻しはできません。

今回ご説明する集団面接と個別面接の違いをしっかり理解して、面接に臨むようにしてくださいね。それでは下記にこれらの違いについてご紹介します。

面接をする人数が異なっている

集団面接と個別面接では、言葉の通り人数が異なってきます。個別の場合は1対1で、集団の場合は複数人で行われます。この人数の違いによって面接時は、他の人がいるかいないかで緊張度が増したり、焦る気持ちがでたりするので一番の相違点といえます。

集団面接において他の学生が一緒の場合、周りの人の意見をきちんと聞いておく必要があります。企業によっては、突然「隣の人の意見をどう思いますか?」と聞かれることがあります。

緊張してしまい、自分だけに集中して他の人の意見を聞いていなと質問をされても答えることができなくなります。ですので、自分が発表するとき以外は他の学生の話はきちんと聞いておきましょう。

更に、集団面接の場合、自分の意見が他の学生と被ってしまうことがあります。この場合、面接官の記憶に残りやすい具体的な数値を取り入れることが重要になります。具体例を入れることによって、周りの人に差をつけることができるので、より印象に残りやすくなります。

アルバイトやサークルの話をする際にも、売上の数字やサークルの規模を具体的に数字化することで、凄さを面接官に伝えることができます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  2. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  3. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  2. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  3. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  4. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  5. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  6. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
ページ上部へ戻る