グループ面接と個別面接の2つの違い

就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団面接」と「個別面接」の2種類があり、どちらもそれぞれの特性に合った対策が必要になります。

「面接だから同じ」と言った感覚で対策をせず本番に挑むと、失敗してしまうことになりますので、それぞれの面接対策をしっかりと行いましょう。面接のチャンスは一度きり。後で後悔しても取り戻しはできません。

今回ご説明する集団面接と個別面接の違いをしっかり理解して、面接に臨むようにしてくださいね。それでは下記にこれらの違いについてご紹介します。

面接をする人数が異なっている

集団面接と個別面接では、言葉の通り人数が異なってきます。個別の場合は1対1で、集団の場合は複数人で行われます。この人数の違いによって面接時は、他の人がいるかいないかで緊張度が増したり、焦る気持ちがでたりするので一番の相違点といえます。

集団面接において他の学生が一緒の場合、周りの人の意見をきちんと聞いておく必要があります。企業によっては、突然「隣の人の意見をどう思いますか?」と聞かれることがあります。

緊張してしまい、自分だけに集中して他の人の意見を聞いていなと質問をされても答えることができなくなります。ですので、自分が発表するとき以外は他の学生の話はきちんと聞いておきましょう。

更に、集団面接の場合、自分の意見が他の学生と被ってしまうことがあります。この場合、面接官の記憶に残りやすい具体的な数値を取り入れることが重要になります。具体例を入れることによって、周りの人に差をつけることができるので、より印象に残りやすくなります。

アルバイトやサークルの話をする際にも、売上の数字やサークルの規模を具体的に数字化することで、凄さを面接官に伝えることができます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  2. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  3. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  4. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  5. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  6. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
ページ上部へ戻る