「通勤時間が長いから仕事を辞めたい」は面接で通用するか

面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解してもらうための最高なチャンスの場でもあります。そして転職時の面接では必ず退職理由を聞かれます。その退職理由が「長時間の通勤」という理由だった場合、面接で通る事はあるのでしょうか。

そもそも退職理由を聞かれる理由とは

退職の理由には様々なものがあります。では、なぜ面接の時に退職理由を聞かれるのでしょうか。それは、同じ理由で辞める事がないか確認する事が主な理由です。会社にとってするに辞められてしまうという状況はとても困ります。

特に前職の勤務歴が短い場合は、他の社員と強調出来るか、根気強く仕事を取り組めるかなどといった事を確認する事があります。なので、ネガティブな内容の理由を正直に話したところで採用される事は少ないです。

ポジティブに答える

退職理由がどんなにネガティブな内容であってもポジティブな内容に変える事で、前向きな気持ちで転職活動に励む事が出来ます。なので、前職での悪口や不満ばかりを答えてはいけません。入社したらどんな働き方をしたいかといった前向きな気持ちをアピールする事が大切です。

また、退職理由によってはさらに突っ込んでくる質問をしてくる事もあるので、事前に回答を用意しておきましょう。なかなか回答の想像はしにくいですが、企業側がどんな人材を求めているかを想像する事でどんな質問が出てくるのか想定する事が出来ます。その時、はっきりと具体的に答えられるように準備しておきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  2. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  3. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  2. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  3. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  4. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  5. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  6. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
ページ上部へ戻る