転職時の面接で「現在の年収」を聞かれたときの答え方

転職の面接時に現職での年収に対して質問が及んだ場合、皆さんはどう答えるでしょうか。現職の年収は転職時の条件とも大きく関わる情報だけに、適当に回答することは許されません。

ではどのような点に留意し、どのように回答すれば良いのか。今回は転職時の面接において「現在の年収」を尋ねられた場合の回答方法について伝授致します。

正直に回答することが鉄則

「現在の年収」を尋ねられた場合の鉄則ですが、正直に回答することが鉄則です。それには明確な理由があります。嘘をつくと、色々と突っ込まれた場合につじつまが合わなくなるおそれが生じるといった面接対応上の問題も勿論あります。

が、それ以上に重大なこととして、もし入社が決まった場合には源泉徴収に関する手続きを行う必要から、現在の年収の正確な額は会社側が必ず知ることになるからです。従って現在の年収を尋ねられたら事実に基づいて正確に、正直に回答することが鉄則であると覚えておいてください。

年収は「手取り」ではなく「額面」である

正確に答えるためには、そもそも「年収」という言葉についても正確に理解しておくことが大切です。年収とは「手取りの収入」ではなく「額面給与」のことを言います。

この点は常識的なことですが、面接の場面は緊張している状況ですので自分が強く意識している情報の方が口をついて出てしまう場合があります。日々の生活は手取り収入の範囲となりますので、サラリーマンの方の多くは手取り収入を重視しています。

そのため、手取り収入ならスムーズに答えられても正確な額面での年収については速やかに答えられない場合も意外に起きるものです。従って手取りと勘違いしないようにすると共に、自分の正確な年収について念のため確認しておくことも大切だと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  2. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…
  3. 会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

    出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  2. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
  3. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  4. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  5. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  6. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
ページ上部へ戻る