転職時の面接で「現在の年収」を聞かれたときの答え方

転職の面接時に現職での年収に対して質問が及んだ場合、皆さんはどう答えるでしょうか。現職の年収は転職時の条件とも大きく関わる情報だけに、適当に回答することは許されません。

ではどのような点に留意し、どのように回答すれば良いのか。今回は転職時の面接において「現在の年収」を尋ねられた場合の回答方法について伝授致します。

正直に回答することが鉄則

「現在の年収」を尋ねられた場合の鉄則ですが、正直に回答することが鉄則です。それには明確な理由があります。嘘をつくと、色々と突っ込まれた場合につじつまが合わなくなるおそれが生じるといった面接対応上の問題も勿論あります。

が、それ以上に重大なこととして、もし入社が決まった場合には源泉徴収に関する手続きを行う必要から、現在の年収の正確な額は会社側が必ず知ることになるからです。従って現在の年収を尋ねられたら事実に基づいて正確に、正直に回答することが鉄則であると覚えておいてください。

年収は「手取り」ではなく「額面」である

正確に答えるためには、そもそも「年収」という言葉についても正確に理解しておくことが大切です。年収とは「手取りの収入」ではなく「額面給与」のことを言います。

この点は常識的なことですが、面接の場面は緊張している状況ですので自分が強く意識している情報の方が口をついて出てしまう場合があります。日々の生活は手取り収入の範囲となりますので、サラリーマンの方の多くは手取り収入を重視しています。

そのため、手取り収入ならスムーズに答えられても正確な額面での年収については速やかに答えられない場合も意外に起きるものです。従って手取りと勘違いしないようにすると共に、自分の正確な年収について念のため確認しておくことも大切だと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  2. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  3. 何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

    上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  2. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  3. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  4. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  5. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  6. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
ページ上部へ戻る