他社から内定をもらっている場合の面接時の答え方

他社から内定をもらった場合、その他社への就職を決めたなら特に悩むことはないかも知れませんが、内定企業への就職を決断できていない場合には、その後の就職、転職活動には大きな悩みがつきまとうことになります。その代表的な悩みと言えるのが今回のテーマである、他社から内定をもらっている事実を面接時にどう伝えるかということです。

この伝え方を誤ってしまえば、せっかく他の質問対応では高い評価を得ていても大きな失点となり、新たな内定を得られなくなる可能性も出てきます。ではどのようなことに留意してこの事実を伝えればよいのか、その点を明らかにして参ります。

「正直に伝えること」を基本方針としておくこと

面接では他社を受けているかどうかと共に、他社から内定をもらった場合にはどうするつもりなのかは採用する側にとってとても気になる点です。そのため、必ず質問されるとは限りませんが「他社で内定はもらっているか(もらっている場合はどうするつもりか)」という質問は「想定しておくべき質問」と言えます。

ではそうした質問を想定した場合、「もらっていない」と嘘をつくべきか、それとも正直に言うべきかですが、この点は正直に伝えることを基本方針にすべきです。この点を下手に誤魔化そうとすると、返答内容に矛盾が生じたり、他の質問でも返答に精彩を欠いたりしてプラスにはならないからです。

「迷っていること」を明確に伝えること

内定をもらった上で尚面接試験に臨んでいるということは、内定をくれた企業へ就職すべきかどうかを迷っている、決断できない状況であることは間違いありません。ならば「迷っていること」を正直に伝えるべきです。ただし優柔不断な印象を与えないよう「真剣に迷っていること」を伝えることが大切です。

例えば「当社も内定を出した場合にはどうするのか」と尋ねられたなら、「一生を左右する問題なので、もし御社から内定を頂戴できた場合には当然ですが生半可な気持ちで入社を決めたくありません。自分自身の考えをよく整理し、熟慮した上で決断をし、お返事したいと考えております」等の言葉で、真剣に検討する姿勢を伝えると尚良いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  2. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…
  3. 会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

    出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  4. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  5. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
  6. 仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
ページ上部へ戻る