面接官も納得の「家庭環境の変化」に関する転職理由と NG理由5選

「家庭環境の変化」が転職の大きな理由となる場合がありますが、一口に「家庭環境の変化」といっても様々な場合が考えられます。その内容次第では面接官から共感や納得が得られる場合もあれば、共感が得られずマイナス評価になってしまう場合もあります。ではどのような「家庭環境の変化」なら転職理由として共感が得られやすいのか、あるいは得られにくいのか、それぞれのケースをご紹介することに致しましょう。

共感を得やすい転職理由

①限られた病院施設への長期に及ぶ家族の入院や通院

自分の家族が難病にかかってしまったがその病気を治療できる病院施設が限られる、しかも年単位での長期入院や通院が必要であるといった場合なら、事情を丁寧に伝えることで面接官からの共感は得られるはずです。

例えば愛妻やわが子が病気となり、現在の住まいからでは通院が無理な病院でしか治療が受けらず、できるだけそばにいて病気を克服するための力になりたい、そのために病院の近くに引っ越したいがそうなると通勤が困難になってしまうため転職を考えたというケースです。ただし、この理由では病気が回復すればまた戻ってしまう、即ち転職を考えてしまうのではないかという懸念を与える可能性もあります。

そうした不安を払底できる長期的な見通し、即ち病気を克服できた後も転職先に骨を埋める覚悟を真摯に伝えることも大切なポイントになります。

②家族の介護

高齢の両親、もしくは何らかの障害を家族が負ってしまったことで介護が必要になったという理由も伝え方を誤らなければ面接官からの共感は大いに得られる転職理由です。ただし、現在の職場に勤務しながら介護を行うことがなぜできないのか、転職することでなぜ介護が可能となるのかについての合理的な説明が必要になることは言うまでもありません。家族の介護で転職先の業務に支障が生じる可能性を感じさせてしまえば、逆に面接官へ不安を与えることになります。

その点では、ノー残業デイを推奨している会社等、転職先が働きやすい勤務体系であることが条件になってくるとも言えますが、その点に対して過度な期待を寄せすぎないようにすること、各種介護サービスの利用で軽度な残業なら大丈夫であること等は伝えられるようにしておいた方が良いと言えます。

③家族との死別

愛妻や愛する我が子を失ってしまい、現在の住まいやその地域には思い出があり過ぎてつい家族のことを思い出してしまう・・・

そこで、新しい環境で仕事に取り組めるよう住まいと職場を変えたいという理由は同情や共感を得るのには十分過ぎる理由と言えます。ただし、あくまで転職は「プロとして仕事を行うこと」が採用の絶対条件です。悲しみで仕事に集中できない等、転職後の仕事にマイナスが及ばないことの両面をしっかりと伝えることです。

次のページでは共感を得にくい転職理由をご紹介していきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場のストレスは病気の原因に!ストレス解消方法まとめ

    仕事のストレスをためてしまうと、心身に症状がでたり、やる気やモチベーションが上がらない原因になってし…
  2. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  3. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  2. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  3. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  4. 「お忙しいところ」の正しい使い方・マナー・メール例文まとめ
    「お忙しいところ…」から始まる定型句は、ビジネスシーンではよく耳にすることの多い言葉ではないでしょう…
  5. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  6. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
ページ上部へ戻る