「ノルマが厳しい」という転職理由は面接官の共感を得にくい?

営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくありません。しかし「ノルマが厳しいから」という転職理由は、転職志望先の面接官から共感を得られるものなのでしょうか。今回は「ノルマが厳しいから」という転職理由の是非について、皆さんへ説明して参ります。


①「厳しい」は自己基準。客観的ではないので通用しない

「ノルマが厳しい」という転職理由の是非の手前として理解しておかなければならないことが一点あります。それは「厳しい」という評価です。「厳しい」という評価は客観的な評価ではなく、あくまで自己評価に過ぎません。

友人同士の会話なら「わが社のノルマは厳しいんだよ」といった評価も受け入れてもらえるかも知れませんが、面接官は事実に基づいて正確に情報を受け止め、判断しなければならない立場です。そのような立場の面接官に、客観的な事実や合理的理由にもとづかない主観的な評価や判断を伝えても共感や納得は得られにくいものです。

従って「ノルマが厳しい」と伝える是非はともかく、主観的な評価だけで現職の仕事内容を否定的に語ることは、面接の場面では決して得策ではないということです。


②「厳しい」という言葉は後ろ向きである

これも「ノルマ」に限った話ではありませんが、「厳しい」という言葉は「大変だ」「つらい」同様に後ろ向きな印象を与える言葉だということです。面接官の立場になって考えてみてください。

「私の会社は○○が厳しくて、大変で、つらくて・・」と言っている転職応募者に「前向きに会社や仕事のことを考えている」といった印象を持つことができるでしょうか。「ノルマ」に限らず、現職に対してネガティブなとらえ方をしている人は、面接官から高い評価を得ることはできないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 書類選考で落ちる書き方の9つの共通点

    書類選考を通過できないのは、二つの理由に分けられます。以下をご覧ください。 ◎書類選考で落…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に荷物になってくるものと言えば自分の鞄の他、冬場ならコートなどがあげられます。鞄やコートを面接…
  2. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  3. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
  4. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  5. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  6. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
ページ上部へ戻る