面接の転職理由で「現職の会社の将来性が不安」なことは伝えるべきか

「現職の会社の将来性が不安」という転職理由は、転職者を対象とした転職理由に関するアンケートではいつも1位か2位を争っている状況が物語っているとおり、転職者が転職を考える代表的な理由と言えます。では、「現職の会社の将来性が不安」という代表的な理由を、面接の場面で正直に伝えてよいものでしょうか。

実は現役のキャリアコンサルタントの間でも、この理由を伝えるべきかどうかは真っ二つと言って良いぐらい賛否が分かれています。そこで読者の皆さんの参考にして頂けるよう、それぞれのコンサルタントの意見を紹介した上で、このテーマについて白か黒かはっきりと決着をつけることに致します。

「会社の将来性が不安という転職理由は伝えるべきではない」というプロの意見

まずは「伝えるべきではない」という意見からです。

・会社の将来が不安と言うのは現職への非難のため、あまり良い印象を与えない
・物事をネガティブにとらえる人物として評価されるおそれがある
・お世話になっている会社に対して「不安」と言うのはマナーとして不適切であり、そうしたマナーを欠いた人物として見られる
・転職後も自社に対して同じような不安を持つのではないかと疑われる
・自分で将来性を切り開くだけの努力をできない人と思われる

「会社の将来性が不安という転職理由は伝えるべきである」というプロの意見

次に「現職の会社の将来性が不安とい理由は伝えるべきである」である、もしくは「伝えても構わない」というキャリアコンサルタントの意見についてご紹介します。

・相手が知りたいのは本音である。転職理由を誤魔化される方が面接官としては嫌なものである。
・同じことを伝える場合でも、表現の仕方で相手の受け取る印象はずいぶん変わる。後ろ向きな不安ではなく、それが転職することで大きく解決できることを理論的に説明できるなら伝えても問題はない。
・会社の将来性について真剣に考える社員であることをむしろアピールできる。将来性があるから御社を転職先に選んだとの説明もできるようになる。
・将来性が不安と正直に答えた場合に肯定的にとらえてくれる企業もあれば、否定的にとらえる企業もある。しかし後者をおそれて正直に理由を言わなかったら、正直に思いを伝えられなかったという思いがくすぶる可能性がある。

以上のとおり、当編集部が現役コンサルタントに対して意見を求めたところ「伝えるべきではない」、「伝えるべきである」というそれぞれの意見を得ることができましたが、皆さんはこれらの意見を読んでどのように感じたでしょうか。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…
  2. 「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    仕事の中でも特に金融・保険関係を取り扱う業務では比較的使う頻度が高いと考えられる同音異義語、「保障」…
  3. ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店としては世界初の一つ星を獲得した「Japanese So…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  2. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  3. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  4. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  5. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  6. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
ページ上部へ戻る