転職理由で「不規則な勤務に不満がある」ことをうまく伝える4つのポイント

もし「不規則な勤務」に対する不満が転職理由であった場合、皆さんなら面接官にそのことをどのように伝えるでしょうか。当サイト好評の転職を考えるシリーズとして今回は、「不規則な勤務に不満がある」ことが転職理由である場合、それを上手に伝える上でのポイントを4つお伝えします。

①「不規則な勤務」には納得していたことを必ず伝える

「不規則な勤務」を転職理由として伝える場合、「不規則な勤務体制に対してもともと納得できていなかった」といった疑念や誤解を面接官に与えないよう注意する必要があります。

「そのような不満を抱えているのになぜ入社したのか」との不可解な思いを面接官に与えますし、「わが社にも何か不満を抱えたまま入社し、その不満を募らせたらまた転職を考えかねない人物」との評価をされる可能性があるからです。

そうした面接官の疑念や評価を招かないよう、不規則な勤務体制には納得していたこと、特に不規則な勤務体制のデメリットについて理解していたことは特に聞かれなくとも理由を伝える際に、併せて伝えるようにすることが、大切なポイントの一つです。

②「体調不良」が最も無難で堅実

「不規則な勤務」に対してただ「不満」だと伝えるだけでは社会人として失格です。不満は個人的感情に過ぎず、要は「自分が気に入らないから辞める」と表明しているようなものだからです。

「不規則な勤務」を理由として伝える場合には「不満」という感情を伝えるのではなく、「不規則な勤務によって生じた問題」を伝えることが基本ポイントと言えます。

ただし「問題」は何でも良いという訳ではありません。一定の理解が得られる適切な内容というものがあります。その一つが、ご自身に当てはまるかどうかは別として、「体調不良」です。例えば次のような伝え方が模範例です。

「健康には自信があったが最近体調が優れず、医師にみてもらったところ不規則な勤務が体調不良の原因と指摘されました。仕事にはやりがいを感じていたのに残念ですが、体を壊せば余計に会社へ迷惑をかけることになるため、早めに規則正しい勤務体系の企業転職を考えることにしました」

 

体調不良を「問題」として伝える場合のコツは、現職に対する仕事への意欲は衰えていないことをしっかりと伝えることと、健康面に不安を感じさせることがないよう体調不良をあまり大袈裟に伝えないことの二点です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  2. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  3. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  2. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  3. ビジネスマンに必要なビジネスアイテムの1つである、「ビジネスバック」。一口にビジネスバックと言っても…
  4. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  5. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
  6. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
ページ上部へ戻る