「服装は自由です」と言われた面接での私服マナー

就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルートスーツ」を着用してゆけばよく、少なくとも服装の選択で悩むことはありません。ところが、多くの就活生が悩んでしまうのが企業側から「面接時の服装は自由です」と言われた場合の服装です。

「自由」となっている以上何を着用しても良いはずなのですが、実際には採用する企業側の風土やカラー、目的などによって「一定の許容範囲」が存在します。そのため、自由であっても何を着ても良い訳ではないことだけは間違いありません。そこで、服装は自由と言われた場合でも失敗せずに済む私服のマナーについてまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。


基本は「面接する相手に対して失礼のない服装」

例えば大変お世話になった大学のOBや目上の方へお礼の挨拶をしにいくといった場合、リクルートスーツを着用しないまでも「失礼のない私服」を着用しようと心掛けるはずです。実は企業の面接でも同じことなのです。皆さんにとって目上の立場にあたる年齢の方々が、貴重な時間を割いて皆さんの面接を実施して下さる訳です。

従って「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」は何かという視点が、私服選定を考える上での大切な基準となってくるのです。


Tシャツ、ジーンズ、短パン、サンダルは着用を避けるべきアイテム

では「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」として何を選べば良いかの前に、何を避けるべきかと言う点から確認することにしましょう。

まずラフな格好の代表的シャツとも言えるTシャツやトレーナー等は、いくら服装が自由であっても面接時には着用を避けた方が良いと言えます。続いてパンツですが、本来作業着として汚れることが前提であるジーンズや運動時に着用することが基本のトレパンなども当然避けるべき服装です。また、仮に夏場であってもバミューダパンツや短パン、女性ならとても丈の短いミニスカート等も面接時の服装としては相応しいとは言えませんので避けるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  2. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  3. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  2. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  3. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  4. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  5. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  6. 近年よく聞かれるようになった「ワーク・ライフ・バランス」と言う言葉をご存知でしょうか?ワーク・ライフ…
ページ上部へ戻る