「服装は自由です」と言われた面接での私服マナー

就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルートスーツ」を着用してゆけばよく、少なくとも服装の選択で悩むことはありません。ところが、多くの就活生が悩んでしまうのが企業側から「面接時の服装は自由です」と言われた場合の服装です。

「自由」となっている以上何を着用しても良いはずなのですが、実際には採用する企業側の風土やカラー、目的などによって「一定の許容範囲」が存在します。そのため、自由であっても何を着ても良い訳ではないことだけは間違いありません。そこで、服装は自由と言われた場合でも失敗せずに済む私服のマナーについてまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。


基本は「面接する相手に対して失礼のない服装」

例えば大変お世話になった大学のOBや目上の方へお礼の挨拶をしにいくといった場合、リクルートスーツを着用しないまでも「失礼のない私服」を着用しようと心掛けるはずです。実は企業の面接でも同じことなのです。皆さんにとって目上の立場にあたる年齢の方々が、貴重な時間を割いて皆さんの面接を実施して下さる訳です。

従って「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」は何かという視点が、私服選定を考える上での大切な基準となってくるのです。


Tシャツ、ジーンズ、短パン、サンダルは着用を避けるべきアイテム

では「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」として何を選べば良いかの前に、何を避けるべきかと言う点から確認することにしましょう。

まずラフな格好の代表的シャツとも言えるTシャツやトレーナー等は、いくら服装が自由であっても面接時には着用を避けた方が良いと言えます。続いてパンツですが、本来作業着として汚れることが前提であるジーンズや運動時に着用することが基本のトレパンなども当然避けるべき服装です。また、仮に夏場であってもバミューダパンツや短パン、女性ならとても丈の短いミニスカート等も面接時の服装としては相応しいとは言えませんので避けるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  2. 面接で緊張しない方法15選

    すでに何社か面接を受けた就活生の皆さんなら経験したと思いますが、面接で緊張をしない人はまず存在しませ…
  3. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  2. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  3. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  4. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  5. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  6. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
ページ上部へ戻る