「服装は自由です」と言われた面接での私服マナー

就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルートスーツ」を着用してゆけばよく、少なくとも服装の選択で悩むことはありません。ところが、多くの就活生が悩んでしまうのが企業側から「面接時の服装は自由です」と言われた場合の服装です。

「自由」となっている以上何を着用しても良いはずなのですが、実際には採用する企業側の風土やカラー、目的などによって「一定の許容範囲」が存在します。そのため、自由であっても何を着ても良い訳ではないことだけは間違いありません。そこで、服装は自由と言われた場合でも失敗せずに済む私服のマナーについてまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。


基本は「面接する相手に対して失礼のない服装」

例えば大変お世話になった大学のOBや目上の方へお礼の挨拶をしにいくといった場合、リクルートスーツを着用しないまでも「失礼のない私服」を着用しようと心掛けるはずです。実は企業の面接でも同じことなのです。皆さんにとって目上の立場にあたる年齢の方々が、貴重な時間を割いて皆さんの面接を実施して下さる訳です。

従って「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」は何かという視点が、私服選定を考える上での大切な基準となってくるのです。


Tシャツ、ジーンズ、短パン、サンダルは着用を避けるべきアイテム

では「目上の立場となる面接官の方々に対して失礼に当たらない私服」「見苦しい印象や、不快な印象を与えない服装」として何を選べば良いかの前に、何を避けるべきかと言う点から確認することにしましょう。

まずラフな格好の代表的シャツとも言えるTシャツやトレーナー等は、いくら服装が自由であっても面接時には着用を避けた方が良いと言えます。続いてパンツですが、本来作業着として汚れることが前提であるジーンズや運動時に着用することが基本のトレパンなども当然避けるべき服装です。また、仮に夏場であってもバミューダパンツや短パン、女性ならとても丈の短いミニスカート等も面接時の服装としては相応しいとは言えませんので避けるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  3. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  2. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  3. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  4. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  5. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  6. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
ページ上部へ戻る