「残業が多い」「休日が少ない」は面接時の転職理由で伝えてはいけない

理由③:転職後も同じ不満を抱くと見なされる

仮に現時点はそれほど社員の残業時間が多くなくとも、市場環境の急変や新規事業への取組みを開始する等の事情から、一時的であっても社員に休日返上や長時間残業を指示しなければならなくなる可能性はどんな会社であっても「ある」と言えます。

「残業が嫌だ」「休日出勤したくない」といった気持ちが強い人物は、そうした場面に遭遇した際仮に一時的な状況だとわかっていても大きな不満を抱えてモチベーションやパフォーマンス等が低下する可能性が高いと見なされます。そのような可能性が生じる転職志望者を採用したいと考える企業は、まずありません。

ネット上では転職の面接を乗り切るための様々なノウハウが紹介されており、その中には今回のテーマとなった「「残業が多い」「休日が少ない」は面接時の転職理由で伝えてはいけない」といったことも取り上げられています。しかし大切なことは、「何をすべきであるか」でもなければ「何をしてはならないか」でもありません。

「なぜすべきか(なぜしてはならないか)」を理解、納得することが大切なのです。そうした心からの理解や納得が、面接官の求めに応じて対応する自分の行動や発言内容に対する説得力となり、面接官の心を動かす対応ともなってくるのです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  3. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  2. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  3. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  4. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  5. 薬剤師が入社1年目で転職するのは不利か
    労働市場の流動性が高まり、薬剤師についても例外ではなく、職場を一年も経たずにやめてしまう例が増えてい…
  6. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
ページ上部へ戻る