「残業が多い」「休日が少ない」は面接時の転職理由で伝えてはいけない

理由③:転職後も同じ不満を抱くと見なされる

仮に現時点はそれほど社員の残業時間が多くなくとも、市場環境の急変や新規事業への取組みを開始する等の事情から、一時的であっても社員に休日返上や長時間残業を指示しなければならなくなる可能性はどんな会社であっても「ある」と言えます。

「残業が嫌だ」「休日出勤したくない」といった気持ちが強い人物は、そうした場面に遭遇した際仮に一時的な状況だとわかっていても大きな不満を抱えてモチベーションやパフォーマンス等が低下する可能性が高いと見なされます。そのような可能性が生じる転職志望者を採用したいと考える企業は、まずありません。

ネット上では転職の面接を乗り切るための様々なノウハウが紹介されており、その中には今回のテーマとなった「「残業が多い」「休日が少ない」は面接時の転職理由で伝えてはいけない」といったことも取り上げられています。しかし大切なことは、「何をすべきであるか」でもなければ「何をしてはならないか」でもありません。

「なぜすべきか(なぜしてはならないか)」を理解、納得することが大切なのです。そうした心からの理解や納得が、面接官の求めに応じて対応する自分の行動や発言内容に対する説得力となり、面接官の心を動かす対応ともなってくるのです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  2. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…
  3. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  2. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  3. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  4. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
  5. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
  6. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
ページ上部へ戻る