「業界の先行きが不安」という転職理由は面接官の共感を得ることができない理由3つ

「業界の先行きが不安」という転職理由は面接官の共感を得ることができない、という記事テーマをご覧になって何故だろうと疑問に思った方や、「そんなことはないだろう」と少し反発を覚えた方もいるかも知れませんね。

そのような場合にはどうか冷静になって最後まで読んで欲しいのですが、「業界の先行きが不安」という転職理由は残念ながら面接官の共感を得ることは困難です。では何故なのか、その理由を3つほど皆さんにお伝え致します。

①「業界の先行きを見通せる力がある」と言っているに等しい

現職の業界全般に対する先行きに対して「不安だ」ということは、裏返して言えば日本の業界の先行きに対して自分は見通せていると言っていることに等しいことをお分りでしょうか。

例えば建設産業界は随分前から「斜陽産業」を言われ続けてきましたが、現在は五輪特需などにわき、大手ゼネコンは軒並み増収増益となっています。建設産業界の事例からもわかるとおり、実は業界の先行きを見通すことは決して容易なことではないのです。

にも拘らず、先行きが不安だから転職という重大な決断をしたということは、自分の見通しについて相当の自信があったからとなります。即ち、自分は業界の先行きを適見通したから転職を決断したと言っているに等しく、そのようなおごった物の見方をする人物の意見に、面接官が共感するはずはありません。

②日本そのものが成熟経済の中にあることを理解していない

業界の先行きに対して不安を感じているという転職志望者は、決定的なことを見落としている人物と評価できます。それは日本全体の経済構造や動向です。

日本は当の昔に経済先進国の仲間入りを果たした経済成熟国であって、これから著しい成長が期待できる発展途上国ではありません。加えて、日本は少子高齢化により人口そのものが減少しており、特に労働者人口の減少が著しい状況になっています。

働くことでお金を稼ぎ、消費を行うことで経済のけん引役を担う労働人口が年々減少している訳ですから、景気は徐々に後退しても何ら不思議ではないのです。つまり、一部の業界を除けば、どのような業界も多少の差はあれど「頭打ち」を迎えており、極論すればどのような業界でも先行き不安を感じて当たり前と言える状況なのです。

そのような状況下で「業界の先行きが不安」という転職理由を口にする人物は、日本全体の経済状況を眺めることができずに狭い視野で物事を判断しているという評価になってしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  2. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  3. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  2. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  3. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  4. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
  5. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  6. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
ページ上部へ戻る