「専門知識・技術力を習得したい」理由で転職を考えるときに注意すべき3つのこと

転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職理由の一つです。専門知識や技術力を習得したいというのはとても前向きで意欲的な転職理由であり、このことを転職理由として伝えるには特に何も問題がないように思えますが、気をつけなればならないことがいくつかあります。そこで今回は、「専門知識・技術力を習得したい」を転職理由とする場合に気をつけなければならない点等を4つほど皆さんへご紹介します。

現状に対する具体的、客観的な分析と評価が必要

やみ雲に「専門知識・技術力を習得したい」と転職理由を表明されても、それだけでは説得力は生まれません。なぜ「専門知識・技術力を習得したい」と考えたのか、またそれがなぜ転職につながったのかについて合理的な理由を説明できる必要があります。その「なぜ」を明らかにする上で必要になってくることが、現状に対する客観的な自己分析や評価です。

例えばプログラミング力を習得したいといった場合、プログラミングに関する知識があるとないとでは、前提が全く異なってきます。あるいはプログラミングに対して一定の経験があるなら、どのような内容のプログラミングを組んだ経験があるのか、どのくらいの期間取り組んできたのか、実力を客観的に証明できる資格等保有しているか等々、採用する側の立場になって客観的な分析、評価を行うことが「なぜ」の理由を正確に、わかりやすく整理できるようになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  3. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  2. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  3. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  4. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
  5. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  6. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
ページ上部へ戻る