Uターン・Iターンで転職するときに面接時に注意すべき4つのコツ

近年の転職ブームに伴って、Uターン・Iターンによる転職志望者も増加傾向にあります。しかしながら、UターンまたはIターンする地方によっては働き口が限られており、比較的好条件な企業や大手企業の支店や系列企業への転職は人気が集中し、高い倍率になる傾向があります。

そうした激戦を勝抜いてUターン・Iターンでの転職を成功させるには、面接で上手に自分をアピールすることに尽きます。ではUターン・Iターンで転職する場合の面接では、どのような点に留意して臨めば良いのか、面接に臨む上での注意点やコツを4つほどご紹介します。

①主たる転職理由や目的は「Uターン・Iターン」であってはならない

Uターン・Iターン(以下Uターンとします)転職する上で面接する側の企業が、最も気になる点が「Uターンすることだけが主目的ではないか」ということです。冒頭でもお伝えしましたが、地方は大都市圏ほど就職先が豊富にある訳ではありませんので、選択肢が限られてしまう現状があります。

そのため、とにかくUターンしたいと考えている人は転職先で妥協することも厭わないため、会社を選んだ動機が「二の次、三の次」となってしまいがいです。受け入れる企業としても「Uターンしたい」という希望自体を否定的にとらえている訳ではありませんが、「自社に貢献したいと考えているか」が一番見定めたいポイントになります。Uターンをかなえたいという希望を封印する必要はありませんが、それだけを会社選びの目的にしてはいけないということです。

なぜその会社を選ぼうとしているのか、その会社にどう貢献したいと考えているのかを第一義として、転職理由をしっかりと考え、整理しておくことが大切です。

②年収ダウンに対する覚悟を笑顔で伝える

首都圏の企業に勤めている会社員が地方の企業へ転職した場合、例外的なケースを除けば年収はある程度ダウンすることを覚悟する必要があります。年収ダウンとなることは、採用する側の企業にとっても気掛かりなことです。

年収ダウンは働く側のモチベーションに大きな影響を与えることであり、採用した後「給与がダウンしたことはつらい。働く意欲が失せた」となってもらっては困るからです。もしこの点について質問や確認を受けた場合には、笑顔で年収ダウンは全く気にしていないこと、年収ダウンの覚悟は十分出来ていることをしっかりと伝えるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…
  2. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  3. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  3. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  4. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  5. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  6. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
ページ上部へ戻る