Uターン・Iターンで転職するときに面接時に注意すべき4つのコツ

近年の転職ブームに伴って、Uターン・Iターンによる転職志望者も増加傾向にあります。しかしながら、UターンまたはIターンする地方によっては働き口が限られており、比較的好条件な企業や大手企業の支店や系列企業への転職は人気が集中し、高い倍率になる傾向があります。

そうした激戦を勝抜いてUターン・Iターンでの転職を成功させるには、面接で上手に自分をアピールすることに尽きます。ではUターン・Iターンで転職する場合の面接では、どのような点に留意して臨めば良いのか、面接に臨む上での注意点やコツを4つほどご紹介します。

①主たる転職理由や目的は「Uターン・Iターン」であってはならない

Uターン・Iターン(以下Uターンとします)転職する上で面接する側の企業が、最も気になる点が「Uターンすることだけが主目的ではないか」ということです。冒頭でもお伝えしましたが、地方は大都市圏ほど就職先が豊富にある訳ではありませんので、選択肢が限られてしまう現状があります。

そのため、とにかくUターンしたいと考えている人は転職先で妥協することも厭わないため、会社を選んだ動機が「二の次、三の次」となってしまいがいです。受け入れる企業としても「Uターンしたい」という希望自体を否定的にとらえている訳ではありませんが、「自社に貢献したいと考えているか」が一番見定めたいポイントになります。Uターンをかなえたいという希望を封印する必要はありませんが、それだけを会社選びの目的にしてはいけないということです。

なぜその会社を選ぼうとしているのか、その会社にどう貢献したいと考えているのかを第一義として、転職理由をしっかりと考え、整理しておくことが大切です。

②年収ダウンに対する覚悟を笑顔で伝える

首都圏の企業に勤めている会社員が地方の企業へ転職した場合、例外的なケースを除けば年収はある程度ダウンすることを覚悟する必要があります。年収ダウンとなることは、採用する側の企業にとっても気掛かりなことです。

年収ダウンは働く側のモチベーションに大きな影響を与えることであり、採用した後「給与がダウンしたことはつらい。働く意欲が失せた」となってもらっては困るからです。もしこの点について質問や確認を受けた場合には、笑顔で年収ダウンは全く気にしていないこと、年収ダウンの覚悟は十分出来ていることをしっかりと伝えるようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  2. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…
  3. 職場のストレスは病気の原因に!ストレス解消方法まとめ

    仕事のストレスをためてしまうと、心身に症状がでたり、やる気やモチベーションが上がらない原因になってし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  2. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  3. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
  4. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  5. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  6. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
ページ上部へ戻る