第二新卒が面接でアピールすべき3つのポイント

学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経っていないために、新卒のような気分で転職活動を行う方も多くみられます。しかし、新卒と第二新卒とでは求められる点など、大きな違いがあるのです。

この違いに気付き、第二新卒に面接官が何を求めているのか気付いて、そこを面接で上手くアピールしていくことが出来れば転職活動も上手くいきやすくなります。今回はそんな第二新卒の方が面接でアピールすべきポイントを3つご紹介したいと思います。

会社側が第二新卒に求めていることとは

社会人として働き出し、短期間の間に辞めるのには様々な理由があるでしょう。

例えば、「入社前の仕事に対するイメージと実際に入社して仕事をしてみたら大きなギャップがあった」「上司や同僚との人間関係が上手くいかず辞めてしまう」「身内に不幸があり、急遽仕事を辞めて地元に帰らないといけなくなった」など。

第二新卒の採用に応募してくる人は、転職希望者によって様々な理由や事情があることを、人事担当者ももちろん把握しています。転職理由の中には、企業サイドからすると仕方ないと思える事情もあれば、悪い印象を与えてしまう退職理由もありますが、それは企業の第二新卒採用に対する取り組み方や方向性によって違います。

どのような理由があったとしても基本的には入社後、すぐに仕事を辞めてしまったことは、企業にとってマイナス評価を与えてしまいます。にもかかわらず企業が第二新卒の採用をするというのは、第二新卒に対してそれ以上のメリットがあると感じているからです。

そのメリットとは、一言でいうと第二新卒は「即戦力になれる人材」であるということです。即戦力とは、「意識の高さ」や「すでにビジネスマナーを心得ていること」「すぐに仕事に対応できる即戦力としての力」が挙げられます。

また転職理由そのものが、ネガティブな転職ではなく、より高みを目指すための転職であれば、仕事への意識、その業種に対する想いや意識が高いという評価にもつながるため、そういった点が、第二新卒が面接に臨む際に求められるポイントでもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業マンにはそれぞれ強みや長所があり、その力を発揮することによって、お客様との関係性を構築したり、契…
  2. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  3. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. 同業他社や他業種と比較しても、給料水準が非常に高いと言われている野村証券。日本を代表する證券会社では…
  3. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  4. 会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必…
  5. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  6. ビジネスの場では様々な書類や契約書を目にする機会があります。正しく適切に処理や対応を行うことが求めら…
ページ上部へ戻る