第二新卒が面接でアピールすべき3つのポイント

学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経っていないために、新卒のような気分で転職活動を行う方も多くみられます。しかし、新卒と第二新卒とでは求められる点など、大きな違いがあるのです。

この違いに気付き、第二新卒に面接官が何を求めているのか気付いて、そこを面接で上手くアピールしていくことが出来れば転職活動も上手くいきやすくなります。今回はそんな第二新卒の方が面接でアピールすべきポイントを3つご紹介したいと思います。

会社側が第二新卒に求めていることとは

社会人として働き出し、短期間の間に辞めるのには様々な理由があるでしょう。

例えば、「入社前の仕事に対するイメージと実際に入社して仕事をしてみたら大きなギャップがあった」「上司や同僚との人間関係が上手くいかず辞めてしまう」「身内に不幸があり、急遽仕事を辞めて地元に帰らないといけなくなった」など。

第二新卒の採用に応募してくる人は、転職希望者によって様々な理由や事情があることを、人事担当者ももちろん把握しています。転職理由の中には、企業サイドからすると仕方ないと思える事情もあれば、悪い印象を与えてしまう退職理由もありますが、それは企業の第二新卒採用に対する取り組み方や方向性によって違います。

どのような理由があったとしても基本的には入社後、すぐに仕事を辞めてしまったことは、企業にとってマイナス評価を与えてしまいます。にもかかわらず企業が第二新卒の採用をするというのは、第二新卒に対してそれ以上のメリットがあると感じているからです。

そのメリットとは、一言でいうと第二新卒は「即戦力になれる人材」であるということです。即戦力とは、「意識の高さ」や「すでにビジネスマナーを心得ていること」「すぐに仕事に対応できる即戦力としての力」が挙げられます。

また転職理由そのものが、ネガティブな転職ではなく、より高みを目指すための転職であれば、仕事への意識、その業種に対する想いや意識が高いという評価にもつながるため、そういった点が、第二新卒が面接に臨む際に求められるポイントでもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 面接で緊張しない方法15選

    すでに何社か面接を受けた就活生の皆さんなら経験したと思いますが、面接で緊張をしない人はまず存在しませ…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  2. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  3. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  4. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  5. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  6. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
ページ上部へ戻る