志望する部署以外の配属を提案されたときの答え方

転職時の面接をしている中で、「あなたの志望する部署以外の配属になってしまった場合、どうしますか?」というような質問を受ける場合があります。必ずこのような質問が出るというわけではありませんが、部署が多岐に渡るような会社で、面接時に部署の希望を選択するような場合に聞かれる可能性は非常に高いと言えます。もしもそのような質問をされたら、なんだか不安になって答えも詰まってしまうこともあるかと思います。

そのようなことにならないためにも、事前にこんな質問があるかもと準備しておくことが大切です。今回は、上記の質問に対してどう答えるべきかをご紹介しましょう。

そもそも、どうして面接官はこのような質問をするのか

面接官の質問には全て意図があります。この質問にも、もちろんこの答えを聞くことで就活生を探っているのです。では、どんな意図がみられるのでしょう?

・本当に自社で働きたいと思っているか
・自分の都合ばかりでなく会社の都合も理解できる人かどうか
・入社後しばらくしてから、望まない部署に配属されても耐えれるか

志望する部署以外の配属になったときの本人の対応を理解しておくために、この質問を投げかけることによって、例え志望する配属先でなくてもこの会社で働きたいのかどうかを図っているのです。

こういったものは志望動機などでも会社へのアピールがされているから分かるのでは?と思われるかもしれませんが、何となく内定を貰えることが出来ればいいという軽い気持ちで受けている方もいらっしゃいます。

また、なかには希望部署に配属されなかったために、すぐに辞めてしまう人も少なくありません。そうなると、企業にとってはこれまでの苦労が水の泡となってしまい、また人材を探さなければなりません。その労力を減らすため、また自社の意向や都合も考慮できる人材に入社してもらうために、このような質問をしているのです。

この質問は志望動機よりも答えにくく、きちんと準備をしておかないとしどろもどろになってしまう可能性があるのです。そのため、軽い気持ちで受けた就活生か、本当にこの会社で働きたいという就活生かを見分けるためにこの質問をぶつけている場合があります。

意図しない質問に対して柔軟に対応できるかどうか

意図しない質問に対して柔軟に対応できるかどうか

ただ、上記の理由もありますが、人気の部署によっては本当に志望する配属先にならない場合はもちろんあります。そのため、もしも配属先が志望しているものでなかったとしても、モチベーションを下げることなく、柔軟に対応できるかどうかを面接の時点で聞いておくのです。

自分を成長させる強い気持ちがあるかどうか

配属先が例え志望していない場所であったとしても、そこから様々な仕事を吸収し、仕事をしていく中で成長することも可能です。志望でなかったとしても自分をもっと成長させたいという気持ちを持っている人は、本当に自社の環境で成長できる人と見なされます。面接では、現状に満足せず成長できる、伸びしろのある素直な人間を探しています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  2. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  3. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  2. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  3. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  4. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  5. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  6. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
ページ上部へ戻る