面接時に「入社可能時期はいつですか」と聞かれたときの答え方

面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えてもいいくらいです。もちろん、100%の確率ではありませんが採用に近い状態にあるので、事前に入社日がいつになるのかを決めておく必要があります。

このとき、入社日を1か月後に返事するなどと先延ばしにしてしまうと、他に応募してきた人が採用される可能性があります。面接官も入社する転職希望者について、早く人数を押さえたいと考えています。そのため、もし遅くなってしまう場合には「前向きに検討している」ということをきちんと伝えることが大切です。

適切な回答方法を紹介

入社可能時期を明確にするというのは、企業にとって内定するかしないかという大きな判断材料になってきます。企業側が採用の応募をするということは、早く人材確保したいということです。ですので、早く入社をすればするほど企業にとっては嬉しいことなのです。

では、入社可能時期を返答する場合どのようにすればいいのでしょうか。良い回答と悪い回答を紹介します。

・良い回答の仕方

「明日からでも入社することができます」
この返答は、入社への強い意志とすぐにでも働くことができる環境とやる気が感じられます。もちろん、現在他の会社に勤務している人はこの回答はできないと思いますが、その場合でも「できる限り御社で早く働きたいと考えている」ことは伝えるべきです。

・悪い返答の仕方

「まだ今の会社を辞めていないので退職次第働けます」
今在職しているということは、退職完了するまで1か月以上の期間が必要になります。まだ、退職届けを提出していない場合にはその理由をきちんと企業側に伝えるようにしましょう。そして、今確実に決まっているスケジュールがあればそれらもきちんと話すようにしましょう。

このように、入社可能時期の返答について正直に答えることも重要ですが、企業側の立場からしてみればすぐに働くことができる人材、入社意欲の高い気持ちを持っている人材を優先的に採用したいと思っているので、面接を受ける前にちゃんとすぐに入社できる環境を整えておくようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…
  2. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  3. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  2. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  3. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  4. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  5. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  6. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
ページ上部へ戻る