面接時に「入社可能時期はいつですか」と聞かれたときの答え方

面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えてもいいくらいです。もちろん、100%の確率ではありませんが採用に近い状態にあるので、事前に入社日がいつになるのかを決めておく必要があります。

このとき、入社日を1か月後に返事するなどと先延ばしにしてしまうと、他に応募してきた人が採用される可能性があります。面接官も入社する転職希望者について、早く人数を押さえたいと考えています。そのため、もし遅くなってしまう場合には「前向きに検討している」ということをきちんと伝えることが大切です。

適切な回答方法を紹介

入社可能時期を明確にするというのは、企業にとって内定するかしないかという大きな判断材料になってきます。企業側が採用の応募をするということは、早く人材確保したいということです。ですので、早く入社をすればするほど企業にとっては嬉しいことなのです。

では、入社可能時期を返答する場合どのようにすればいいのでしょうか。良い回答と悪い回答を紹介します。

・良い回答の仕方

「明日からでも入社することができます」
この返答は、入社への強い意志とすぐにでも働くことができる環境とやる気が感じられます。もちろん、現在他の会社に勤務している人はこの回答はできないと思いますが、その場合でも「できる限り御社で早く働きたいと考えている」ことは伝えるべきです。

・悪い返答の仕方

「まだ今の会社を辞めていないので退職次第働けます」
今在職しているということは、退職完了するまで1か月以上の期間が必要になります。まだ、退職届けを提出していない場合にはその理由をきちんと企業側に伝えるようにしましょう。そして、今確実に決まっているスケジュールがあればそれらもきちんと話すようにしましょう。

このように、入社可能時期の返答について正直に答えることも重要ですが、企業側の立場からしてみればすぐに働くことができる人材、入社意欲の高い気持ちを持っている人材を優先的に採用したいと思っているので、面接を受ける前にちゃんとすぐに入社できる環境を整えておくようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  2. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  3. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  4. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  5. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  6. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
ページ上部へ戻る