面接で本命ではない企業に「第一志望」と伝えても大丈夫か

「当社は第一志望ですか?」という質問には、入社したあとにすぐに退職してしまわないか、長く勤める気持ちがあるかどうかを判断しています。これは、入社をしたあとすぐに辞めることを防ぐために念押しで確認する質問です。

多くの人は、「第一志望である」と答えますが、この場合そう言ったウソをつく必要はありません。企業としては、優秀な人材を一人でも多く採用したいわけですので、そういった点に関しては大きく評価が変わることはありません。長く勤務してくれ、そして即戦力になる人材であれば、第一志望でなくても採用される可能性というのは高くなります。

具体的にどのような返答が好ましいのか

第一志望の場合ははっきりと「第一志望です」と答え、その際にはなぜ第一志望なのかも付け加えてあげることで、企業への印象をよくすることができます。

一方、第一志望でない場合には多くの人が第一志望だといわなければいけないと認識していますが、そうではありません。第一志望じゃなくても、不採用になることはないので自分の意志をしっかり伝えるようにしましょう。もし、不採用になってしまった場合はこれが理由ではなく「入社したいという気持ちや熱意が足りない」からだと考えた方が正しいです。

正直すぎる返答も避けた方がいい

第一志望ではない企業から内定通知が届いたあと、本命企業の面接が控えている場合、内定の承諾を一時待ってもらう必要があります。この場合、面接のときにウソをつくとばれてしまいます。面接官はそのような転職希望者の心理をよく理解しています。第一志望と言いながらそれは嘘で、実は他の企業の結果待ちと確信します。下手な言い訳をして無理に長引かせようとすると、せっかくもらった内定が取り消しになってしまう可能性があるので注意しましょう。

面接のときにウソをつくことも必要ですが、後々そのウソがばれることがないようにしましょう。だからと言って、「御社は第三希望です」などと正直に答えるのも、企業側としてはあまりいい印象を受けません。それに、第一希望ではないと言ってしまうと、配慮や協調性がないと判断されてしまうことがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  2. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  3. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  2. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  3. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  4. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  5. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  6. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
ページ上部へ戻る