面接で本命ではない企業に「第一志望」と伝えても大丈夫か

「当社は第一志望ですか?」という質問には、入社したあとにすぐに退職してしまわないか、長く勤める気持ちがあるかどうかを判断しています。これは、入社をしたあとすぐに辞めることを防ぐために念押しで確認する質問です。

多くの人は、「第一志望である」と答えますが、この場合そう言ったウソをつく必要はありません。企業としては、優秀な人材を一人でも多く採用したいわけですので、そういった点に関しては大きく評価が変わることはありません。長く勤務してくれ、そして即戦力になる人材であれば、第一志望でなくても採用される可能性というのは高くなります。

具体的にどのような返答が好ましいのか

第一志望の場合ははっきりと「第一志望です」と答え、その際にはなぜ第一志望なのかも付け加えてあげることで、企業への印象をよくすることができます。

一方、第一志望でない場合には多くの人が第一志望だといわなければいけないと認識していますが、そうではありません。第一志望じゃなくても、不採用になることはないので自分の意志をしっかり伝えるようにしましょう。もし、不採用になってしまった場合はこれが理由ではなく「入社したいという気持ちや熱意が足りない」からだと考えた方が正しいです。

正直すぎる返答も避けた方がいい

第一志望ではない企業から内定通知が届いたあと、本命企業の面接が控えている場合、内定の承諾を一時待ってもらう必要があります。この場合、面接のときにウソをつくとばれてしまいます。面接官はそのような転職希望者の心理をよく理解しています。第一志望と言いながらそれは嘘で、実は他の企業の結果待ちと確信します。下手な言い訳をして無理に長引かせようとすると、せっかくもらった内定が取り消しになってしまう可能性があるので注意しましょう。

面接のときにウソをつくことも必要ですが、後々そのウソがばれることがないようにしましょう。だからと言って、「御社は第三希望です」などと正直に答えるのも、企業側としてはあまりいい印象を受けません。それに、第一希望ではないと言ってしまうと、配慮や協調性がないと判断されてしまうことがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  2. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…
  3. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  3. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  4. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  5. 役職の順番を理解しよう 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  6. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
ページ上部へ戻る