「入社後、どんな仕事をしたいですか?」と聞かれたらどう答えるべきか

就活の面接で「入社後、どんな仕事がしたいですか?」と言った質問をされることがあります。この質問の目的は、「入社後のビジョンをどう考えているのか」を引き出すためです。

これは、応募してきた人が会社側の思考をあっているかどうかを確認するためと会社のことをしっているか、そして配属先を決めるために必要なことです。そして、仕事に対して、社会人としてなにをしていきたいのかを聞き出すことで、真剣にこの会社で働きたいと思っているか、本気で「仕事のこと」を考えているのかを判断します。

もし、入社後全くビジョンがない人が採用された場合、ある人と比べて仕事の量や質が大きく異なってくると面接官は思っています。面接対策で答えるだけでなく、面接の前にはきちんとビジョン設計をしておきましょう。

どんな事に意識をして考えればいいのか

「入社後、どんな仕事がしたいですか?」と聞かれたとき、まず何も答えられないというのは、面接官への印象が悪くなるのでやめましょう。この質問は、即答をすることで働く意欲を感じてもらえるので、事前に考えた言葉をスムーズにそしてわかりやすく伝えられるように準備しておきましょう。

更に、必ず押さえてほしいポイントがあります。それは、会社にどれだけ貢献できるのかを含めて文章をまとめるということです。実際に会社に入社し、どういった取り組みをすることで貢献できるのかを考えることで面接官への印象がよくなります。

何もプランなく、入社をしても仕事への意欲がわかなくなってしまうので、目標として入社後にやりたいことをきちんと決めておくようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  2. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…
  3. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  2. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  3. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  4. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  5. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  6. 「会社の電話が鳴り、受け答えをしたところ、今日は不在の上司への電話であった」、こんな時はどのように対…
ページ上部へ戻る