圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識を持っていると言っても過言ではないのが「圧迫面接」ではないでしょうか。圧迫面接は、面接官から否定的な質問や答えにくい質問をされたり、威圧的な態度で詰め寄られるため、言葉に詰まる人も少なくありません。質問内容も特定しにくいため、余計に不安感や恐怖感を増幅させている要因になっていると言えます。

しかしながら圧迫面接を行う面接官の意図や理由は比較的シンプルであり、そのことをしっかり理解すれば、圧迫面接の対策は決して難しいものではありません。それでは、圧迫面接を企業が行う理由とはどのようなもので、どう対処すれば良いか、対策についてそれぞれ確認していくことにしましょう。


圧迫面接とは

圧迫面接とは、就職希望者が圧迫感やプレッシャーを感じるような批判的な質問や、否定的な発言を、意図的にぶつける面接手法です。一次面接で応募者を篩に掛けるために圧迫面接を実施したり、最終面接前に候補者を絞る目的で行うなど、企業によって圧迫面接のタイミングは違います。まずは圧迫面接の現場を動画で見てみましょう。


また、圧迫面接はブラック企業の専売特許のようなイメージがありますが、優良企業や一般企業でも実施されているのが実情です。では企業が圧迫面接を行うのは、どのような理由があるからでしょうか。次にご説明していきます。


圧迫面接を行う2つの理由

圧迫面接を行う2つの理由

(1)ストレス耐性の有無をみるため

企業が圧迫面接を行うひとつめの理由は、就職希望者のストレス耐性を正確に理解するために行われます。

社会は常に合理的に動くとは限らず、時に遠回りを迫られたり、理不尽な思いをしても、その状況を受け入れ、我慢しなければならない場面も多々あります。辛く苦しいことでも就職希望者が逃げ出すことなく、乗り切ることが出来るか、耐えることができるのか、企業側にとって多少心配な面がある訳です。

そこで威圧的な態度にも、感情を乱さず冷静に自分をコントロールできるか、辛抱強く我慢できるかを見極めるために、圧迫面接を実施しているのです。

(2)機転の良さを理解するため

圧迫面接では、面接官が意図して、応募者の気分を害するような質問や否定的な言葉を投げかけてきます。圧迫面接を行う面接官は、答えにくい質問でも機転を利かせた対応ができるか、柔軟な発想力で対処できるかといったことを評価する狙いもあるのです。

仕事は、与えられた指示内容を機械的に処理すれば良い訳ではありません。困難な状況に直面したときは、知恵や工夫、アイデアを捻り出し、自ら道を切り開く能力も仕事を続けていく上で必要です。

自分を見失うことなく柔軟な発想ができるか、機転を利かせて上手く乗り越える工夫ができるか等についても、採用する企業側にとっては大切な評価ポイント。圧迫面接を通じて、応募者の資質を理解しようとしているのです。


圧迫面接の質問例

続いては圧迫面接で面接官が横柄な態度をしたり、応募者がひるんでしまう質問例を見ていきます。

圧迫面接の態度編

  • 表情が怖く、応募者を睨みつける
  • 応募者の話を聞いていないような素振りをされる
  • 話に飽きてずっと下を向いている
  • 応募者が話しているときにため息をつく
  • 貧乏ゆすりをされる
  • 応募者が話している最中、ペンをカチカチする

圧迫面接かどうかは、面接室に入った瞬間のピリピリとした空気感や、「失礼します!」と伝えたときの面接官の態度で判断しましょう。目を合わせてくれなかったり、素っ気ない態度だと、間違いなく圧迫面接です。

気持ちに余裕を持って「面接官の人、怒っている演技が上手いな」などと思うことで、緊張を抑えることもできます。

圧迫面接の言葉編

  • 書類を見て「あなたの履歴書の内容、本当にひどいね」
  • 「大学生活中、勉強もせず遊びしかやってないんじゃない?」
  • 回答に対して「ありきたりの話でつまらない」と言われる
  • 「頑張るって言葉は、口だけなら誰でも言えるから」
  • 「君の考えでは社会で通用しない」
  • 「当社に入社してもすぐに辞めてしまうんじゃない?」
  • 「当社が不採用を出したら、その後はどうするの?」
  • あなたの質問に対して「本当にできるの?」とつっこんでくる
  • 志望動機を伝えた後「本当に当社に入社したいの?なぜ?」と深掘りされる
  • 「あなたの長所、多分当社では使い物にならないと思うけど?」
  • 何を話しても「なぜ?」「どうして?」と深堀される

圧迫面接は、面接官が好きでやっていることではないとはいえ、質問には的確に答える必要があります。質問例ごとの答え方は後述しますので、最後までご覧くださいね。


圧迫面接を乗り切る3つの対処法

圧迫面接を乗り切る3つの対処法

圧迫面接の意図を思い出す

面接官も好きで圧迫面接をしている訳ではありません。上述した通り、企業が圧迫面接を行う意図は、応募者のストレス耐性や気転のきく対応ができるかを確認するために行っています。そのため、面接官が高圧的な態度の演技をしていると思い込んで面接に臨むことが大切です。
圧迫面接の目的は応募者を怒らせようとしている訳でも、苛めようとしている訳でもありません。繰り返しとなりますが、横柄な物言いにも動じることなく冷静に対応できるか、応募者を見定めたいだけなのです。そのため、圧迫面接では最初に深く深呼吸して、気持ちを落ち着かせましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    毎日のようにしつこくかかってくる営業の電話、うんざりしていませんか。「社長さんはいらっしゃいませんか…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  2. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  3. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  4. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  5. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  6. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
ページ上部へ戻る