面接時に業務に必要な資格・スキルを「今後取得予定」と伝えるのは効果があるか?

就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するということ。例えば、金融機関であれば「FP」や「証券外務員資格」。また職種の中でも総務部や経理部で働く場合、「簿記」の資格は一定の評価になることも。

そのような中、今は資格を持っていないけど実は資格の勉強中という状況だったり、面接日よりもあとに資格の合格発表日があるため、今の時点ではまだ資格を取得できていない、といった状況の人もいるでしょう。それを面接でアピールすべきかどうか、今回はご説明していきます。

大前提として「資格の保有の有無」ではなく「実績」が重要

資格には様々な種類があり、たくさん持っている人を見ると「色々な事を知っていて凄い」と思われます。確かに、資格を数多く持っているということは、それだけ資格取得のために勉強をしている証拠です。ただ、就活でこの資格の保有の有無が重要視されるかと言われれば必ずしもそうでもありません。

実際に、企業が採用するのに一番重要視しているのが、転職希望者の人柄や仕事への熱意となっています。資格に関しては、持っていれば尚良しと言った程度です。

ですので、面接のときに「こんな資格を持っています」「資格取得に頑張っています」とアピールをしても、あまり面接官への評価を高めることはできません。

例えばTOEICを例に挙げると、「私は、英語検定1級の資格を持っているので、点を200点延ばすことができました」という言い方よりも、「私は地道にコツコツを学ぶことが好きです。その結果として、TOEICの点数を200点アップさせた経験があります」と言った回答をした方が、嫌味のない返答をすることができます。

資格を持っているから、点数を上げることができたというよりも、コツコツ頑張ることができると言った点をアピールした方が企業の求めている人材に近いはずです。面接時にあまり資格のアピールはせず、自分の長所をアピールしていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  2. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  3. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  4. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
  5. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  6. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
ページ上部へ戻る