面接時に業務に必要な資格・スキルを「今後取得予定」と伝えるのは効果があるか?

就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するということ。例えば、金融機関であれば「FP」や「証券外務員資格」。また職種の中でも総務部や経理部で働く場合、「簿記」の資格は一定の評価になることも。

そのような中、今は資格を持っていないけど実は資格の勉強中という状況だったり、面接日よりもあとに資格の合格発表日があるため、今の時点ではまだ資格を取得できていない、といった状況の人もいるでしょう。それを面接でアピールすべきかどうか、今回はご説明していきます。

大前提として「資格の保有の有無」ではなく「実績」が重要

資格には様々な種類があり、たくさん持っている人を見ると「色々な事を知っていて凄い」と思われます。確かに、資格を数多く持っているということは、それだけ資格取得のために勉強をしている証拠です。ただ、就活でこの資格の保有の有無が重要視されるかと言われれば必ずしもそうでもありません。

実際に、企業が採用するのに一番重要視しているのが、転職希望者の人柄や仕事への熱意となっています。資格に関しては、持っていれば尚良しと言った程度です。

ですので、面接のときに「こんな資格を持っています」「資格取得に頑張っています」とアピールをしても、あまり面接官への評価を高めることはできません。

例えばTOEICを例に挙げると、「私は、英語検定1級の資格を持っているので、点を200点延ばすことができました」という言い方よりも、「私は地道にコツコツを学ぶことが好きです。その結果として、TOEICの点数を200点アップさせた経験があります」と言った回答をした方が、嫌味のない返答をすることができます。

資格を持っているから、点数を上げることができたというよりも、コツコツ頑張ることができると言った点をアピールした方が企業の求めている人材に近いはずです。面接時にあまり資格のアピールはせず、自分の長所をアピールしていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性上司の誕生日プレゼント10選

    上司の誕生日に渡すプレゼントは、相手が喜ぶセンスのいい贈り物にしたいですよね。せっかくのプレゼントな…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  2. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  3. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  4. 役職の順番を理解する 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  5. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  6. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
ページ上部へ戻る