面接希望日は日程を早く設定する方が印象がよい?

面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅めに設定しますか?早く設定してしまうと、面接までの準備がバタバタしてしまい、不十分のまま受けることになってしまうとも考えられるので遅めに日程を設定しておくという方もいらっしゃいます。

しかし、実は面接希望日を早く設定しておくことで、会社側の印象も良くなり、通過しやすくなる可能性が高まるのです。ですが、どうして面接希望日を早めにすると面接を通過しやすくなるのでしょうか?


日程が早ければ早いほど面接官への印象が良くなる?

面接日程は早めの日を調整することで、会社側に「何としても入社したい!」という気持ちをアピールすることが出来ます。もちろん、そのアピールが実際に面接を通過することにつながるのかというと確実ではないのですが、それでもアピールすることは大切です。

面接官も社員の一人です。他にもたくさんの仕事を抱えていますし、なるべく早く面接も済ませてしまい、仕事に取り掛かりたいと考えている方も多くいらっしゃいます。そのため、早く面接を終わらせるために早い日程で面接に訪れた人が有利になると考えられます。


日程が早ければ早いほど覚えてもらえる?

早めに面接の日程を組んでもらうと、印象が良くなるだけでなく比較的覚えてもらえることが多いようです。書類選考から面接まで時間が短ければ短いほど、面接官には書類選考でのファーストインプレッションが残っています。書類のイメージと同じなのか、はたまた意外なギャップがあるのか、実際に面接で話してみてセカンドインプレッションが作用します。

しかし、書類選考から面接までの時間が長くなってしまうと、ファーストインプレッションが薄れてしまい、セカンドインプレッションにつながらない場合もあるのです。

そのため、日程が早いほど覚えてもらえる場合が多く、実際に早い日程で組んだ人の方が全ての面接を終えて選考に入ったとしてもインプレッションが強ければ採用される可能性は高くなるというわけです。


ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  2. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  3. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  2. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  3. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  4. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  5. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  6. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
ページ上部へ戻る