面接で「入社後にしたいことはなんですか?」と聞かれたときの答え方と例文

面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にしたいことはなんですか?」という質問は定番中の定番質問と言って良いでしょう。この定番質問について、どのような点がポイントになってくるのでしょうか。この定番質問へ回答する場合いくつか重要なポイントがありますので、それらを答え方の例文と共にご紹介することにします。


なぜこの質問が定番かを考えてみる

「入社後にしたいことはなんですか?」のポイントは、そもそもなぜ求人企業側がこの質問が定番といわれるぐらい頻繁にされるか、その理由を考えてみると理解できます。様々な企業が頻繁にこの質問を行う理由は、次のようなことが一つの質問で分かるからです。

・仕事に対する意欲、入社したいという(強い)意欲があるか

まず入社後に「したいこと」をしっかりと回答できる人物なら、仕事に対しても意欲的に取り組める人物と見立てることができます。また、入社後にやりたいことをすらすらと目を輝かせて答えることができる人物は、どこでも良いから就職したいのではなく、「わが社」に入りたいという明確な意志を持った人物と評価できるからです。

・自社のことをよく研究し、仕事内容を理解できているか

「入社後にしたいこと」にスラスラと答えることができるためには、入社した後どのような仕事に取り組むことになる可能性があるか、あるいは取り組めるかを研究しておく必要があります。そのため、この質問は応募者がどれだけわが社のことやわが社の仕事内容に関心を持って、研究に取り組んだかを把握できるからです。

・自分の適性や資質、あるいは特技等を客観的に把握できているか

「入社後にしたいこと」という質問に対して説得力のある回答をするには、相手先の企業の研究を行うだけでなく、自分の適性や資質、向き不向き、あるいは特技等を客観的に分析、理解しておくことも大切になってきます。つまりこの質問は、応募者がどれだけ自己分析を冷静に、客観的に行っているか、自分のことを正しく理解できているかを評価できる質問でもあります。

以上のとおり、たった一つの質問で様々なことを評価したり確認できたりする効率的で優れた質問であるからこそ、多くの企業が質問として尋ね、定番の質問となった訳です。従って、これら企業側の着目点や評価ポイントを踏まえた回答をすることが、自ずとこの質問に対する回答案を考える上でのポイントになってきます。


「入社後にしたいことはなんですか?」の回答例

それでは求人企業側がチェックしている評価ポイントを意識しつつ、どのような回答例が望ましいかいくつか例文をご紹介しましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…
  2. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  3. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  2. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  3. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  4. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  5. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  6. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
ページ上部へ戻る