面接で「入社後にしたいことはなんですか?」と聞かれたときの答え方と例文

面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にしたいことはなんですか?」という質問は定番中の定番質問と言って良いでしょう。この定番質問について、どのような点がポイントになってくるのでしょうか。この定番質問へ回答する場合いくつか重要なポイントがありますので、それらを答え方の例文と共にご紹介することにします。


なぜこの質問が定番かを考えてみる

「入社後にしたいことはなんですか?」のポイントは、そもそもなぜ求人企業側がこの質問が定番といわれるぐらい頻繁にされるか、その理由を考えてみると理解できます。様々な企業が頻繁にこの質問を行う理由は、次のようなことが一つの質問で分かるからです。

・仕事に対する意欲、入社したいという(強い)意欲があるか

まず入社後に「したいこと」をしっかりと回答できる人物なら、仕事に対しても意欲的に取り組める人物と見立てることができます。また、入社後にやりたいことをすらすらと目を輝かせて答えることができる人物は、どこでも良いから就職したいのではなく、「わが社」に入りたいという明確な意志を持った人物と評価できるからです。

・自社のことをよく研究し、仕事内容を理解できているか

「入社後にしたいこと」にスラスラと答えることができるためには、入社した後どのような仕事に取り組むことになる可能性があるか、あるいは取り組めるかを研究しておく必要があります。そのため、この質問は応募者がどれだけわが社のことやわが社の仕事内容に関心を持って、研究に取り組んだかを把握できるからです。

・自分の適性や資質、あるいは特技等を客観的に把握できているか

「入社後にしたいこと」という質問に対して説得力のある回答をするには、相手先の企業の研究を行うだけでなく、自分の適性や資質、向き不向き、あるいは特技等を客観的に分析、理解しておくことも大切になってきます。つまりこの質問は、応募者がどれだけ自己分析を冷静に、客観的に行っているか、自分のことを正しく理解できているかを評価できる質問でもあります。

以上のとおり、たった一つの質問で様々なことを評価したり確認できたりする効率的で優れた質問であるからこそ、多くの企業が質問として尋ね、定番の質問となった訳です。従って、これら企業側の着目点や評価ポイントを踏まえた回答をすることが、自ずとこの質問に対する回答案を考える上でのポイントになってきます。


「入社後にしたいことはなんですか?」の回答例

それでは求人企業側がチェックしている評価ポイントを意識しつつ、どのような回答例が望ましいかいくつか例文をご紹介しましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  2. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…
  3. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  2. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  3. 「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
  4. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  5. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  6. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
ページ上部へ戻る