転職の面接時に女性の服装で気をつけるべきスーツ・インナーのマナー

転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもないでしょう。特に女性の場合、男性ほどは定番と言えるスタイルや着こなしが確立されていないだけに面接当日着るスーツは勿論、インナーにも気を配っておくことが大切です。そこで今回は転職の面接時において、女性の方が着用するスーツやインナーのマナーにはどのようなものがあるのか、どのようなことに気をつければよいのか等御紹介致します。


①特に服装が指定されていない場合でもスーツ着用がマナー

面接時には服装は自由、私服でもOKという会社も近年増えてきました。特に働いている社員がかなりラフな格好をしているといった場合には、ラフな服装でも良いように思えるかも知れません。この点について申し上げれば、面接時の服装としてスーツ以外の服装を指定された場合を除けば、「自由」と言われてもスーツを着用することが「マナー」です。なぜなら相手企業に「面接して頂く」立場であること、そのため相手を敬う姿勢を服装でも表現する必要があるからです。

また、私服は服装次第で印象を悪くするリスクがありますが、フォーマルなスーツを着用すれば少なくとも服装で大きな失点となることはありませんのでかしこい選択とも言えます。尚、ネット上には「面接時の服装は自由」という場合の対応について、かなり無責任な見解が見かけられますがそれらに惑わされてはいけません。面接ではスーツ着用がマナーの基本であることは、しっかりと理解しておいてください。


②スーツのデザインはリクルートスーツが無難

では転職の面接において望ましいスーツとはどのようなものかということですが、ノーマルでシンプルなデザイン、いわゆる就活生同様のリクルートスーツのデザインがやはり一番無難です。デザイン性の高いスーツが一切駄目とは申しませんが、多少リスクがあります。また「服装で個性を出すことで他の応募者に差をつけたい」といった発想をする必要もありません。転職での面接では服装のマナーや清潔感等は評価されても、一部の業界を除けば服装の個性が加点評価されることはないからです。


③スーツの色は黒や濃紺、グレーが基本

スーツの色についても就活生同様に黒や濃紺、ダークグレーといった色が望ましいと考えてください。特に黒や濃紺は正装が必要な場でも相応しい色合いであることと、社会人としての落ち着きや風格を演出する上でもベターな色であるともいえるからです。但し、濃い色は汚れが目立ちやすいという欠点もあるため、目立つ汚れ等ない清潔感や美しさが担保されていることが大切であることは言うまでもありません。最近ではスーツでも丸洗いできるタイプのものが多いので、事前に洗濯もしくはクリーニングに出しておき、汚れやしわがないか入念にチェックしてから着用するようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  2. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…
  3. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  2. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  3. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  4. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  5. ビジネスの場では様々な書類や契約書を目にする機会があります。正しく適切に処理や対応を行うことが求めら…
  6. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
ページ上部へ戻る