面接での転職理由は本音と建前どちらを伝えるべきか

面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は多いかもしれません。退職理由はネガティブなものが多いことから本音で話してしまうと面接においてマイナスの印象を与えます。であるならば建前を伝えた方が良いのかとなりますが、建前を伝えるとしても多くの場合ありきたりな理由となってしまい、時には本当の理由が後でばれたりしないかと心配になったりすることもあるかもしれません。そこでここでは面接の転職理由、本音で伝えるべきか建前を語るべきかについて考えてみたいと思います。


面接官は何を聞きたいと考えているのか

できるだけ優秀な人材を獲得したい、これは企業側の思惑として当然のことです。採用にもコストが掛っているわけですから、同じ採用するなら優秀な人材を獲得したと考えることは普通です。入社したもののすぐに辞めてしまった、とならないように面接時に前職の退職理由を聞くのが面接官の仕事となるわけですが、多くの場合退職理由はあまり自信を持って言える内容ではないことがほとんどです。本音で語るべきだと分かっていながらも、つい建前で語ってしまうのが面接を受ける側の人間の心理です。しかしここで自分を偽って建前で話したところで、多くの場合それは建前だと分かるレベルの説明でしかなく、面接官にプラスに映ることはありません。やはりここでは本音で話すことがベストだと言えるのですが、退職理由がネガティブな場合そのまま伝えるわけにはいきません。


自分の本音と向き合う

まずは自分の本音と向き合うことが大切です。どんな働き方が理想なのか、どんな働き方は自分にとってプラスにならないと考えるのか、価値観は様々です。自分にとって何が優先事項となるのか改めて一度考えてみましょう。

例えばお給料面が何より大事だという人もいるでしょう、お給料より人間関係だという人もいるはずです。労働時間や残業が少ない会社がいいという人もいるかもしれません。会社の規模やネームバリュー重視の人もいるはずです。まずは自分の本音と向きあい、何を求めているのか、何を重視しているのかを明確にしてみましょう。そうすることで前職の退職理由もより明確になってくるはずです。

例えば「ただ仕事が面白くなかった」という理由で辞めたと考えているとします。もちろんそれをそのまま面接で伝えるわけにはいかないわけですが、自分の本音と向き合うことで本当にやりたい仕事じゃなかった、理想とする環境ではなかったなどの理由が明確になってきます。すると退職理由も「本当にやりたい仕事をしたいと考え前職を退職しました」などようにポジティブな退職理由を話すことが出来ます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    「ランチにいかないか」 上司からランチを誘われたけど、たまにはひとりで食事したい気分の日もあれば、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  2. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  3. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  4. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  5. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  6. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
ページ上部へ戻る