インターンシップに参加する目的・メリット

インターンシップ制度を導入する企業は、近年増加の一途を辿っています。インターンシップとは「就業体験」という意味であり、学生が本格的に就業する前に仕事を体験できる機会のこととして基本的に理解しておいて良いでしょう。ではインターンシップ、即ち就業体験を行う「目的」とは何でしょうか。インターンシップの目的について実施する企業側、参加する学生側それぞれの観点から考えてみることにしましょう。

企業がインターンシップを行う目的

企業がインターンシップを行う目的

企業側の目的①:採用のミスマッチを解消

インターンシップを導入している企業側の目的の一つとしてあげられるのが、採用時のミスマッチ解消です。どんなに会社説明会で工夫を凝らし、わかりやすく説明しようとしても職場の雰囲気や仕事内容は説明だけでは伝えきれない面がどうしてもあります。

実際の職場の雰囲気や風土、仕事内容等は直に触れ、肌で感じてもらうことで理解してもらうこと以上に勝る方法はありません。

そうすることにより採用時のミスマッチを解消し、入社した後に「そんはなずではなかった」「自分の選択は間違っていた」と後悔し、辞めてしまう新卒採用者を出さないようにしたいという目的が企業側にあります。


企業側の目的②:社内の活性化や特に新人や若手の育成

学生をインターンとして受け入れれば、学生のお世話をしたり、フォローしたりするメンター役を社員に任せる必要が生じます。

多くの企業は学生に最も年齢が近い、入社してまだ間もない新人社員を学生のメンター役として任命することが多いのですが、そうすれば新人社員の育成にもつながるからです。

新人社員が置かれている状況は、動機を除けば周囲は皆自分より目上の社員ばかりであり、そうした状況からどうしても受身になったり、指示待ちの姿勢になりがちです。

その点で学生のメンター役を任せれば、自分が指示や指導をする側になりますので、自覚や責任感が芽生え、たのもしくなることが期待されるのと同時に、指示を出す側の立場を経験することになりますので、指示する側の気持ちも深く理解できるようになります。こうした教育的効果も目的として、インターンシップを採用している企業も少なくありません。


企業側の目的③:学生が仕事をする姿から適性を評価できる

インターンシップがなければ、学生の仕事に対する適性等は面接や書類選考だけで評価する必要があります。しかしながら、面接だけでは実際の実務に対する適性までを判断することは難しい面があります。

その点でインターンシップを行えば、仕事に対する適性があるかどうかは実際の学生の仕事ぶりを通じて評価できるようになります。

つまり、面接だけでは評価し切れない、仕事に対する潜在的な能力や適性を発揮する優秀な学生を見極めることで採用に役立てたいということも企業側の目的としてあります。


学生がインターンシップに参加するメリット

学生がインターンシップに参加するメリット

学生のメリット①:向き不向きを判断できる

続いて、学生側がインターンシップに参加する目的について紹介しましょう。実務の経験がなければ、外側からの印象や説明された情報だけでその企業での仕事に対する適性を判断しなければなりませんが、インターンシップに参加して実務を経験すれば、実体験を通じて自分がその会社での仕事に対し適性があるかどうか、的確に判断できます。

つまりインターンシップを通じた適性の有無の判断は企業側にとっても大切な目的ですが、学生側にとっても就職先を的確に判断、選別する上で大いに役立つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  3. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  2. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  3. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  4. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  5. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  6. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
ページ上部へ戻る