インターンシップに参加する目的・メリット

インターンシップに参加する目的・メリット

インターンシップ制度を導入する企業は、近年増加の一途を辿っています。インターンシップとは「就業体験」という意味であり、学生が本格的に就業する前に仕事を体験できる機会のこととして基本的に理解しておいて良いでしょう。ではインターンシップ、即ち就業体験を行う「目的」とは何でしょうか。インターンシップの目的について実施する企業側、参加する学生側それぞれの観点から考えてみることにしましょう。

企業がインターンシップを行う目的

企業がインターンシップを行う目的

企業側の目的①:採用のミスマッチを解消

インターンシップを導入している企業側の目的の一つとしてあげられるのが、採用時のミスマッチ解消です。どんなに会社説明会で工夫を凝らし、わかりやすく説明しようとしても職場の雰囲気や仕事内容は説明だけでは伝えきれない面がどうしてもあります。

実際の職場の雰囲気や風土、仕事内容等は直に触れ、肌で感じてもらうことで理解してもらうこと以上に勝る方法はありません。

そうすることにより採用時のミスマッチを解消し、入社した後に「そんはなずではなかった」「自分の選択は間違っていた」と後悔し、辞めてしまう新卒採用者を出さないようにしたいという目的が企業側にあります。


企業側の目的②:社内の活性化や特に新人や若手の育成

学生をインターンとして受け入れれば、学生のお世話をしたり、フォローしたりするメンター役を社員に任せる必要が生じます。

多くの企業は学生に最も年齢が近い、入社してまだ間もない新人社員を学生のメンター役として任命することが多いのですが、そうすれば新人社員の育成にもつながるからです。

新人社員が置かれている状況は、動機を除けば周囲は皆自分より目上の社員ばかりであり、そうした状況からどうしても受身になったり、指示待ちの姿勢になりがちです。

その点で学生のメンター役を任せれば、自分が指示や指導をする側になりますので、自覚や責任感が芽生え、たのもしくなることが期待されるのと同時に、指示を出す側の立場を経験することになりますので、指示する側の気持ちも深く理解できるようになります。こうした教育的効果も目的として、インターンシップを採用している企業も少なくありません。


企業側の目的③:学生が仕事をする姿から適性を評価できる

インターンシップがなければ、学生の仕事に対する適性等は面接や書類選考だけで評価する必要があります。しかしながら、面接だけでは実際の実務に対する適性までを判断することは難しい面があります。

その点でインターンシップを行えば、仕事に対する適性があるかどうかは実際の学生の仕事ぶりを通じて評価できるようになります。

つまり、面接だけでは評価し切れない、仕事に対する潜在的な能力や適性を発揮する優秀な学生を見極めることで採用に役立てたいということも企業側の目的としてあります。


学生がインターンシップに参加するメリット

学生がインターンシップに参加するメリット

学生のメリット①:向き不向きを判断できる

続いて、学生側がインターンシップに参加する目的について紹介しましょう。実務の経験がなければ、外側からの印象や説明された情報だけでその企業での仕事に対する適性を判断しなければなりませんが、インターンシップに参加して実務を経験すれば、実体験を通じて自分がその会社での仕事に対し適性があるかどうか、的確に判断できます。

つまりインターンシップを通じた適性の有無の判断は企業側にとっても大切な目的ですが、学生側にとっても就職先を的確に判断、選別する上で大いに役立つと言えます。

Page 1 of 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 企業が40代の転職希望者に期待する能力・スキルとは

    企業が40代の転職希望者に期待する能力・スキルとは

  2. 転職理由で「不規則な勤務に不満がある」ことをうまく伝える4つのポイント

    転職理由で「不規則な勤務に不満がある」ことをうまく伝える4つのポイント

  3. 【転職希望者は要注意】年収の高い上場企業ランキングを見るときの注意点

    【転職希望者は要注意】年収の高い上場企業ランキングを見るときの注意点

  4. 人材紹介会社のメリット4つ

    転職時に人材紹介会社を利用する4つのメリット

  5. グループディスカッションで評価される3つのコツ

    グループディスカッションで評価される3つのコツ

  6. Iターン・Jターン・Uターン・Oターンの意味

    Iターン・Jターン・Uターン・Oターンの意味とは

  7. 就活の自己PRで部活動キャプテン・主将経験のアピール方法【例文付き】

    就活の自己PRで部活動キャプテン・主将経験のアピール方法【例文付き】

  8. 企画職に必要なスキル

    企画職の仕事で求められる必要なスキル

  9. 転職するときのメリット・デメリットまとめ

    転職するときのメリット・デメリットまとめ

最近の記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう! 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】…
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる! できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコ…
  3. 無口な人の7つの特徴 無口な人の7つの特徴
  4. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法 空気が読めない人の5つの特徴と対処法
  5. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

オススメ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴 おおらかな人の7つの特徴
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう! 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】…
  3. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる! できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコ…

最新記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!
  3. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

最近の記事

  1. 転職を成功させるためにやっておくべき自己分析の方法 転職を成功させるためにやっておくべき自己分析の方法…
  2. 転職 営業職からのキャリアチェンジを成功させる方法【転職…
  3. 文章の誤字脱字を完璧にチェックする方法 誤字脱字を防止する5つの方法
  4. 主任と係長の役割の違い・共通点 主任と係長の役割の違い・共通点
  5. 仕事のミスを減らす11の方法 仕事のミスを減らす11の方法
  6. 尊敬される人間関係を築ける人の9つの特徴 尊敬される人間関係を築ける人の9つの特徴
  7. 営業トークの3つのコツ 営業トークの3つのコツ
  8. 要領がいい人に共通する7つの特徴 要領がいい人に共通する7つの特徴
  9. プラス思考になる4つのトレーニング方法 プラス思考になる4つのトレーニング方法
  10. 自責思考の人の特徴に潜む大きな問題点 自責思考の人の特徴に潜む大きな問題点

最近の記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!
  3. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!
  4. 無口な人の7つの特徴
  5. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法
PAGE TOP