評価を上げるインターンシップにふさわしい私服

インターンシップ参加が確定し、いよいよ明日からインターンシップ先の企業へ通うことになるといった場合、どのような服装でインターンシップに臨めば良いものでしょうか。特に「私服で参加するよう」指示を受けた場合、服装は全く自由と考えて良い訳ではありません。そこで今回はインターンシップに参加する場合の服装マナーについて、いくつかのケースごとに分けて解説することに致します。

ふさわしい服装は男女とも「スーツ」が原則

ふさわしい服装は男女とも「スーツ」が原則まず企業側からインターンシップに参加する場合の服装について、特に指定を受けていなかった場合にはどう考えれば良いかということから確認しましょう。この場合は男女とも「ビジネススーツ」が基本的なマナーと言えます。

学生といえども仕事に参加する、少なくともお客さんの立場ではなく会社側の立場で職場に足を踏み入れる以上、「自分は学生ですから」という甘えは通用しません。インターンシップという一時的な話であったとしても、あくまで会社側の一員として相応しい服装をして職場に臨むことがマナーとなることをぜひ理解しておいてください。

その上で、もしその会社の女性社員が通勤時は私服で、会社到着後制服に着替えて仕事をしている場合、女子学生の皆さんはどうすれば良いのでしょうか。

この場合、女子学生の皆さんがもし制服を貸与されるなら通勤時は私服(私服のマナーについてはこのあとの項目を参考にしてください)でも構いませんが、制服を貸与されない場合は制服に代わるものとしてやはりスーツが望ましいと言えます。

私服での参加を指定された場合は「私服」で行こう

インターンシップ参加時の基本的服装はビジネススーツですが、もしインターンシップ先の企業から「私服で参加するよう」指定を受けた場合は別です。会社の指示に従った服装で参加することがルールとなります。

また正社員の服装が全員私服だという場合に服装の指示がない時には、企業側にインターンシップ参加時の服装について、私服で出勤した方がよいかどうか確認しておくと良いでしょう。その結果「服装は自由」、「私服で良い」という回答になった場合には、職場環境に合わせるという観点から私服で参加した方が望ましいと言えます。

ただし「服装は自由」というのは言葉上自由な服装で良いと受け取れますが、何でもよいという意味ではありません。やはり職場に向かう場合にはNGとなる私服はあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  3. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  2. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  3. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  4. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  5. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  6. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
ページ上部へ戻る