有名企業が実践する良い会議7選

Google

グーグル

5分、10分単位の会議をプロジェクトやテーマごとに行う

Googleでは、効率化を意識した会議が行われています。そのために会議の内容によって、いくつか取り決めがあり、「意志決定のための会議は、10人以下の人数で行う」というルールがあります。この施策により、会議だけで1日の予定が埋まるような事態を防ぐことが可能となります。また参加者を少人数にすることで、会議の進行を円滑に進める効果も生まれています。

キヤノン電子

キャノン電子

椅子とパソコンを排除した「立ち会議」

会議参加者が全員、立った状態で会議を進めていくというこれまでにない斬新な方法です。会議室から椅子を撤去することで会議への集中力が高まり、年間の会議時間が半減したという結果も。また立つことで社員同士のコミュニケーションが密になり、会議の質やスピードが劇的に改善し、大きな変化が見られたとのことです。

ぐるなび

ぐるなび

ウォーキングミーティング

ぐるなびのウォーキングミーティングは、皇居周辺のコースを70分かけて歩きながら話すという斬新な会議スタイルを採用しています。この会議が生まれたキッカケは、健康のために皇居周辺を歩いていた社員が、若手の社員を誘って歩き始めたこと。ウォーキングミーティングは歩くことが脳に刺激を与え、アイデアが浮かびやすくなる利点があります。また話し声は隣にいないと聞こえないので機密性が高く、デリケートなテーマを話すにはもってこいというわけです。

キリンビール

キリンビール

60分で質問と回答を繰り返す「質問会議」

質問会議とは、「質問」とそれに対する「回答」だけでやり取りを進め、問題の解決策を探る会議手法です。会議では進行役の進め方が、良い意見を引き出す重要な役割を果たしますが、キリンビールはここに目を付けたといえそうです。キリンビールでは、会議をリードできるスキルを社員が身に付けることに狙いを定め、会議を通じた組織の活性化を目的に質問会議を行っています。

さいごに

「会議時間の短縮」・「効率化」・「社員育成」・「組織活性化」は、良い会議を行う上で解決したい永遠のテーマといえます。今回ご紹介した有名企業の会議手法には、会議に起こりがちな、それらの問題点を改善したい企業の思いが表れています。企業の方向性を示す「軸」となるような、良い意見を生み出すためには、意識をしたい大切な要素といえそうですね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  3. 嘘をつく人の8つの特徴

    嘘をつく人の特徴や心理から、嘘を見抜く方法・うまく付き合う対処法を解説!

    嘘をつかれて騙されたり、嫌な思いをした経験のある人は少なくないと思います。嘘ひとつで人間関係が壊れる…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  2. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  3. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  4. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  5. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
  6. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
ページ上部へ戻る