有名企業が実践する良い会議7選

トヨタ自動車

トヨタ自動車

会議には資料やPCを用いない

毎週火曜日の朝にトヨタの本社で行われている役員会議。TOYOTAグループのトップに立つ役員一同が顔を揃える会議の鉄則は「資料を持ち込まない」こと。トヨタの会議は発表会ではなく、「本音で語り合う場」として機能しています。多くの企業で行われる会議では、会議で発表するための資料作成に膨大な時間を使っているのが現状であり、世界中に拠点を設けるトヨタで同じことを行うと、その資料を作成する時間はもちろん、確認するだけでも会議時間を費やしてしまい、本来の会議の目的である意見交換や方向性の確認などを主体に行えなくなってしまいます。トヨタの会議では経営陣それぞれの考えを集約するために合理的な方法を採用しています。

Apple

アップル

可能な限り小さなサイズの会議をする

スティーブ・ジョブズは大人数が参加する大規模な会議を嫌い、いつも最小限のサイズでミーティングを行っていたというのは有名な話。スティーブ・ジョブズは、会議参加者が多くなると様々な意見や考えが交錯し、良い結論が生み出せず、シンプルで洗練されたデザインというアップルの強みを壊してしまうと考えていました。社外で行われたオバマ大統領が参加する会議でもそのこだわりはあり、会議に参加する人数が多すぎることを理由に会議への出席を断ったという話もあります。

日産自動車

日産自動車

議事録を作らない

会議中に作成した模造紙や、会議で書き込んだホワイトボードをデジタルカメラで撮影し、その画像を議事録の代わりとすることで、あらためて議事録を作成しないようにしています。これは「V-up」と呼ばれる日産式の会議で実施されている方法の一つです。会議参加者は、自分のアイデアを付箋紙に簡単に書き、模造紙にアイデア別にペタペタと貼っていく方法。撮影した画像をそのまま議事録にすることで、議事録を作成する時間や労力を省くことが可能となります。

意思決定者を出席させない

意思決定者(出席者の中で立場が最も高い人)が会議で発言すると、意思決定者の反対意見が出にくくなってしまったり、意見自体が出にくい雰囲気になってしまう傾向があります。また意思決定者が会議の趣旨を変えて議論を脱線させても、誰もそれを止めることができなくなってしまいます。会議時間の短縮や、意見を出しやすい場を保つために、日産では意思決定者が出席しない会議を行っています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…
  2. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…
  3. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  2. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  3. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  4. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  5. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  6. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
ページ上部へ戻る