上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から体調を気遣うお見舞いの言葉を含めたメールが届いただけでも嬉しく感じるものです。また気が利く部下に、上司は好印象を持つでしょう。

すぐに病院に駆けつけるに越したことはありませんが、上司によっては「忙しい中、わざわざ来なくていい」と思う人もいます。入院したことを知って、取り急ぎお見舞いの体調を気遣う気持ちを伝えたい場合、メールが活躍します。上司の体調を気遣うお見舞いメールにはどういったものが好ましいのか、例文を見ていきましょう。


相手の体調を気遣うお見舞いメールの大切さ

部下から送られる体調を気遣うお見舞いメールは、闘病中の上司にとって励みになり、嬉しいものです。体がつらかったり入院生活が退屈だったり、あるいは、職場での自分の存在感が危うくなるかも?と不安を感じたり……ということもあるでしょう。そんな中に届く部下からのお見舞いメールは、心を潤し、大きな癒やしとなるはずです。自分が大変な時に気遣いができる部下だと、評価が見直されるかもしれません。

病気の人へのお見舞いメールを、自分のイメージアップに利用するという感覚はいただけませんが、送り主への見方を180度変えたり、評価を大幅にアップさせたりといった効果のあるものだと認識し、きちんと体調を気遣うメールを送りましょう。


お見舞いの言葉として使えるフレーズ

まず、体調を気遣うメールで使えるフレーズの代表例をご紹介します。

・くれぐれもお大事になさってください
・心よりお見舞い申し上げます
・お身体の具合はいかがですか

などは、とても一般的で、使いやすいものです。比較的関係の近い、フランクなつきあいの上司にお見舞いメールを送るときに適しています。一方、会社の上層部の方や日頃からマナーに厳しい上司、目上の人などには、普段は使わないような恭(うやうや)しい単語を使って、丁寧なフレーズを作るよう心がけましょう。

体調を気遣うお見舞いの言葉に用いられる単語には「ご回復(ご快復)」「ご静養」「ご加療」「養生」などがあります。「十分に」「くれぐれも」などを付けて強調するのも基本です。具体的に例文をチェックしておきましょう。

・この機会に体を休めて、しっかり治るまでご静養されてください

・気がかりなことも多いかと存じますが、まずはゆっくりとご静養くださいますよう、お祈りしています

・まだまだ寒い日(暑い日)が続きます。くれぐれもお大事になさってください

・ご病状はいかがでしょうか。一日も早いご回復を、心からお祈りしております

・今までお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております

・ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早く全快されますよう心からお祈り申し上げております

・お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申し上げます

・一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。

などが挙げられます。


体調を気遣うお見舞いメールの注意点

お見舞いメールのポイントは、あいさつ文や前文を省き「取る物も取りあえずメールを送りました」という気持ちを伝えることです。さらに、病気の詳細を尋ねたり、入院期間などを決めつけたりしないことも大切です。事故などでケガをして入院している方に対しても、事故の状況や原因、責任問題などには一切触れないようにしましょう。また、身体に負担をかけてしまうため、最後に「返信はしなくても大丈夫です」という旨の一文を添えましょう。


お見舞いメール【例文集】

体調を気遣うメール例文(1)

件名:お見舞い申し上げます
◯◯部長

このたび、ご入院されたことを聞き、
大変驚いております。

特に心配なご病気ではないと伺い、
ひと安心しておりますが、
その後のご病状の経過はいかがでしょうか。

お仕事のことを気にされていると思いますが、
まずは十分にご静養なさってください。

近いうちに伺わせていただきますが、
取り急ぎ、メールにてお見舞い申し上げます。
一日も早いご回復をお祈りしております。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  2. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  3. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  4. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  5. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  6. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
ページ上部へ戻る