【会社の風紀を正す】部下の不正を予防する方法

【部下が飲食代の領収書を申請してきたとき】

「このお客様とよく飲みに行っているけど、何か無理なことを相談されているのか?困ったことがあればいつでも話をきくよ。」
「お客様と飲みに行く機会が増えているけど、体調は大丈夫か?ご飯はちゃんと食べているか?」

いずれも部下を疑うのではなく、「心配して聞く」という姿勢を見せることです。そして、その話が周囲の人にも聞こえる声の大きさで話しかけることが重要です。すると部下は「リーダーは細かいところまで見ているな」と感じ、社内での抑止力が働くでしょう。

抑止力を働かせるタイミング

部下に話しかけるタイミングは、大きく分けて2つあります。

まずは経費精算の確認をする時や、タイムカードのチェックをする時などの「部下の提出物を確認するタイミング」。次に部下の元気がなくなってきたり、直帰が増えたときなどの「行動が変化するタイミング」です。これらのタイミングでやさしさの抜き打ちをして下さい。部下の抑止力を働かせることは、結果として部下を守るということを理解しておきましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  2. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…
  3. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「営業」という職種は自社の商品を販売するために活動するという点では共通していても、仕事のスタイルや活…
  2. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  3. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  4. 「好きな言葉はなんですか」という質問も、面接での定番と言って良いほどよく聞かれる質問の一つです。では…
  5. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  6. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
ページ上部へ戻る