【会社の風紀を正す】部下の不正を予防する方法

【部下が飲食代の領収書を申請してきたとき】

「このお客様とよく飲みに行っているけど、何か無理なことを相談されているのか?困ったことがあればいつでも話をきくよ。」
「お客様と飲みに行く機会が増えているけど、体調は大丈夫か?ご飯はちゃんと食べているか?」

いずれも部下を疑うのではなく、「心配して聞く」という姿勢を見せることです。そして、その話が周囲の人にも聞こえる声の大きさで話しかけることが重要です。すると部下は「リーダーは細かいところまで見ているな」と感じ、社内での抑止力が働くでしょう。

抑止力を働かせるタイミング

部下に話しかけるタイミングは、大きく分けて2つあります。

まずは経費精算の確認をする時や、タイムカードのチェックをする時などの「部下の提出物を確認するタイミング」。次に部下の元気がなくなってきたり、直帰が増えたときなどの「行動が変化するタイミング」です。これらのタイミングでやさしさの抜き打ちをして下さい。部下の抑止力を働かせることは、結果として部下を守るということを理解しておきましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング
    相手が忙しい時に話しかけてしまい、見るからに嫌そうな顔をした。一体どのタイミングで声をかければ良いの…
  2. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  3. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  4. 役職の順番を理解しよう 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  5. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  6. 会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必…
ページ上部へ戻る