【会社の風紀を正す】部下の不正を予防する方法

仕事をしていると、さまざまな場面で不正という名の「誘惑」が襲いかかってきます。あなたがリーダーである以上、いかなる場面であっても部下が誘惑に負けないための抑止力を働かせておく必要があります。では職場での誘惑はどのようなことがあるでしょうか。次をみて下さい。

部下の不正が起こりやすいとき

  • 営業目標を達成できないと怒られるから、契約に至っていない顧客を計上しようか…
  • 給料を増やすために残業手当を多くつけて給与を増やそうか…
  • 飲みに行ったお金を経費として会社に申請しようか…
  • 私用だけどタクシーに乗って領収書を申請しようか…

これはほんの一部ですが、不正という誘惑は常に職場の中を漂っています。部下に抑止力がなければ、越えてはいけない一線を乗り越えて、不正に手を出してしまうことも起こりえます。

効果的に部下の抑止力を働かせる方法

部下の不正を防ぐ

では、部下の抑止力を働かせるために、リーダーはどのようなことに注意すべきでしょうか。実はとても簡単で、効果的な不正予防策があります。それは部下に確認するときに「やさしさの抜き打ち」をするという手法です。これには部下に対して「あなたのことをちゃんと見ている」ということを伝える働きがあります。具体例を見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…
  2. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  3. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  2. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  3. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  4. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
  5. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  6. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
ページ上部へ戻る