【会社の風紀を正す】部下の不正を予防する方法

仕事をしていると、さまざまな場面で不正という名の「誘惑」が襲いかかってきます。あなたがリーダーである以上、いかなる場面であっても部下が誘惑に負けないための抑止力を働かせておく必要があります。では職場での誘惑はどのようなことがあるでしょうか。次をみて下さい。

部下の不正が起こりやすいとき

  • 営業目標を達成できないと怒られるから、契約に至っていない顧客を計上しようか…
  • 給料を増やすために残業手当を多くつけて給与を増やそうか…
  • 飲みに行ったお金を経費として会社に申請しようか…
  • 私用だけどタクシーに乗って領収書を申請しようか…

これはほんの一部ですが、不正という誘惑は常に職場の中を漂っています。部下に抑止力がなければ、越えてはいけない一線を乗り越えて、不正に手を出してしまうことも起こりえます。

効果的に部下の抑止力を働かせる方法

部下の不正を防ぐ

では、部下の抑止力を働かせるために、リーダーはどのようなことに注意すべきでしょうか。実はとても簡単で、効果的な不正予防策があります。それは部下に確認するときに「やさしさの抜き打ち」をするという手法です。これには部下に対して「あなたのことをちゃんと見ている」ということを伝える働きがあります。具体例を見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  2. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  3. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  2. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  3. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  4. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  5. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  6. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
ページ上部へ戻る