退職後の住民税の支払い手続きについて

サラリーマンは給与所得以外に確定申告が必要な特別な所得等が生じない限り、在職中は納税に関する手続きが不要です。御承知のとおり会社側が皆さんに代わって納税手続きを行ってくれているからですが、退職すれば納税に関する手続きは自分で行う必要があります。

もっとも、一般的なサラリーマンであれば「払い過ぎ」の状況で徴収されている所得税は確定申告によって還付されることがあっても、退職後に納税手続き等が必要となる場合はほとんどありません。厄介なのは、今回のテーマでもある「住民税」です。住民税は退職時期によって額や徴収方法も変わってきます。ではどのような手続きが必要なのか、御紹介することにしましょう。

住民税とはいつの所得に対しいつ支払うのか

退職後の住民税の支払い手続きについて理解するためには、まず住民税自体について理解しておく必要があります。住民税は「1月」から「12月」までの1年間の所得に対して、その年の12月に実施される年末調整時に納税額が計算されます。納税額が計算によって確定した住民税は、翌年の「6月」から翌々年の「5月」にかけて毎月支払うことになっています。

さて、この点におけるポイントですが「1月から12月の年間所得」に対する住民税の支払い開始月が「次年度の1月」ではなく「次年度の6月から」という点です。つまり、1月から5月にかけて支払う住民税は前年の所得に対するものではなく、前々年の住民税を支払っていることと、6月になってから前年の所得に対する住民税の支払いが始まることを②以降を読む前によく憶えておいて下さい。

退職後の住民税対策①:退職月が「1月〜5月」の場合

冒頭でお伝えしたとおり、住民税は退職した月によって支払い方法等が大きく変わってきます。まず退職月が1月から5月までの期間だった場合です。この1月から5月までの期間は、前年の所得に対する住民税ではなく前々年度の住民税を支払っている期間です。この「前々年度」分については、退職時に従業員の給与等から一括徴収することが税法上事業主に課せられているのです。

そのため、退職者の意志や希望に関係なく、退職金や給与等、退職時の所得からまとめて天引きされることになります。ではどのくらいの期間の住民税を一括請求されるかということですが、仮に退職した日付が末日だったと仮定して、各月において一括で支払うべき住民税は次の通りとなります。

  • 1月末・・・1月から5月までの5ヶ月分の住民税
  • 2月末・・・2月から5月までの4か月分の住民税
  • 3月末・・・3月から5月までの3か月分の住民税
  • 4月末・・・4月から5月までの2か月分の住民税
  • 5月末・・・5月分即ち1か月分の住民税

以上からわかるとおり、毎月支払っている住民税額に変化が生じるのは「1月から4末月まで」に退職した場合となります。特に「1月」に退職した場合には5ヶ月分もの住民税が一括で天引きされますので、負担感は大きいと言えるでしょう。

また、5月末に退職した場合には、もともと5月に支払う予定だった住民税が1月分請求されるだけですので、住民税負担上の変化は生じないと言えます

退職月が「1月」から「5月」の場合の住民税の支払い手続き

では、「1月」から「5月」に退職した場合の住民税に関する支払い手続きについて説明します。この場合の手続きは、6月から転職するか暫く無職の状態になるかによって異なってきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  2. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  3. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関す…
  2. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
  3. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  4. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  5. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  6. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
ページ上部へ戻る