指示待ち人間を改善させる方法3選

職場には色々なタイプの人間がいますが、「指示待ち人間」という指示がないと動けないタイプの人がいます。上司からの指示がないと動けないタイプで、効率的に業務を進める為にはこうしたタイプの人間を自発的に動けるように改善していく必要があります。そこでここでは指示待ち人間を改善さるための3つの方法についてお話していきます。


なぜ指示がないと動けないのか

指示待ち人間を改善させるためには、まず「なぜ指示がないと動けないのか」について知っておく必要があります。と言うのも指示待ち人間=やる気がない、と認識している人がいるもの事実で、やる気を出させるためにはどうしたらいいのかにフォーカスしてしまいがちですが、多くの場合原因は別のところにあったりします。

動けない原因はやる気が無いからというわけではなく、何をやるべきなのか、自分が何をやりたいのか、が明確になっていないことが多くあります。そうした人間にただやる気を促したところであまり効果はなく、指示を待ってしまう原因をしっかりと考えた上で指導することが大切です。


指示待ち人間を改善させるための3つの方法

①丁寧に説明する

まずはとにかく丁寧に説明してみるという方法です。指示待ち人間の特徴として「自分が何をするべきか分からない」という心理状態であることが多いようです。例えば複数の業務がある場合、どれを自分がやるべきか分からない、など判断が出来ないことがあります。自らで判断することが出来ないがゆえに行動出来ず、結果として上司の指示を待ってしまうのです。

とにかく丁寧に、こういう時はこうする、このような状況の時はこうする、などあらゆるシーンを想定して説明してあげることで、迷うことなく行動できるようにしてあげることです。どんな場面でも悩んで立ち止まることのないようにしてあげる事は最もシンプルで簡単な改善策だ問えます。何をしていいか分からない時は一旦自分に聞きにくるように、と説明してあげることも効果的です。


②考えさせる

とにかく丁寧に説明してあげ行動に迷いがないように持っていく方法は、一部のケースにおいて効果があるかもしれませんが、やはりそれでは根本的な解決には繋がりにくいはずです。そこでまずは「考えさせる」ことを意識させるようにします。とにかく自分で一度どうすべきかを考えさせることで、何をすべきかが客観的に見えてくるようになり指示を待たなくとも行動できるようになることもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…
  2. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  3. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  2. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  3. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  4. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  5. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  6. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
ページ上部へ戻る