指示待ち人間を改善させる方法3選

職場には色々なタイプの人間がいますが、「指示待ち人間」という指示がないと動けないタイプの人がいます。上司からの指示がないと動けないタイプで、効率的に業務を進める為にはこうしたタイプの人間を自発的に動けるように改善していく必要があります。そこでここでは指示待ち人間を改善さるための3つの方法についてお話していきます。


なぜ指示がないと動けないのか

指示待ち人間を改善させるためには、まず「なぜ指示がないと動けないのか」について知っておく必要があります。と言うのも指示待ち人間=やる気がない、と認識している人がいるもの事実で、やる気を出させるためにはどうしたらいいのかにフォーカスしてしまいがちですが、多くの場合原因は別のところにあったりします。

動けない原因はやる気が無いからというわけではなく、何をやるべきなのか、自分が何をやりたいのか、が明確になっていないことが多くあります。そうした人間にただやる気を促したところであまり効果はなく、指示を待ってしまう原因をしっかりと考えた上で指導することが大切です。


指示待ち人間を改善させるための3つの方法

①丁寧に説明する

まずはとにかく丁寧に説明してみるという方法です。指示待ち人間の特徴として「自分が何をするべきか分からない」という心理状態であることが多いようです。例えば複数の業務がある場合、どれを自分がやるべきか分からない、など判断が出来ないことがあります。自らで判断することが出来ないがゆえに行動出来ず、結果として上司の指示を待ってしまうのです。

とにかく丁寧に、こういう時はこうする、このような状況の時はこうする、などあらゆるシーンを想定して説明してあげることで、迷うことなく行動できるようにしてあげることです。どんな場面でも悩んで立ち止まることのないようにしてあげる事は最もシンプルで簡単な改善策だ問えます。何をしていいか分からない時は一旦自分に聞きにくるように、と説明してあげることも効果的です。


②考えさせる

とにかく丁寧に説明してあげ行動に迷いがないように持っていく方法は、一部のケースにおいて効果があるかもしれませんが、やはりそれでは根本的な解決には繋がりにくいはずです。そこでまずは「考えさせる」ことを意識させるようにします。とにかく自分で一度どうすべきかを考えさせることで、何をすべきかが客観的に見えてくるようになり指示を待たなくとも行動できるようになることもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…
  2. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  3. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  2. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  3. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  4. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
  5. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  6. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
ページ上部へ戻る