部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを覚悟の上で部下を指導しなければならない場面は確かにあります。しかし、嫌われていることが常態化してしまえばコミュニケーションの大きな阻害要因にもなるので、絶対に避けなければなりません。

そこで、上司の皆さんがダメな上司、部下から嫌われる上司となっていないか客観的に自己評価できるよう、ダメな上司の特徴をまとめてみることにしました。自分に該当する特徴はないか、ぜひセルフチェックしてみてください。

1.相手によって態度を変える

相手によって態度を変える

ダメな上司は相手の年齢や立場、地位などを見て態度を大きく変え、相手によって不遜な態度を平気でとってしまう。典型な例としては、上司には媚びへつらい、部下には見下した態度で接するケースや、出世しそうな優秀な部下は身近におき、それ以外の部下は遠ざける場合など、自分の保身を第一に考えて周囲との付き合い方を変える傾向がある。

2.部下の育成よりも仕事優先

ダメな上司は部下に考える機会を与えたがらない。考えさせる時間を面倒に感じたり、あるいは自分の方が、知識があることを誇示したいと考えるため、先に対処方法や解決策を教えてしまう。また仕事を前に進めることがマネジメントと勘違いしており、仕事を通じた部下の育成や成長には興味を示さない。そのため部下はいつまでたっても自走できず、指示待ち人間になってしまう。

3.部下の立場や状況を踏まえた叱り方ができない

急を要する仕事や初めて取り組む業務など、仕事にはさまざまなシチュエーションが存在する。また部下は皆性格も違うし、置かれている状況も違う。だがダメな上司は、そんな相手の立場や状況に応じることなく、どの部下にも同じ叱り方をしてしまう。

そのため部下は叱られた内容に納得できないばかりか、自分を分かろうとしない上司を敵視してしまう。その結果、部下に寝首を掻かれるかもしれない。

4.自分より部下が優秀になることを恐れる

通常、部下の成長する姿は上司としても嬉しいもの。しかしダメな上司は部下が成長することに対して警戒心やおそれの気持を抱いてしまう。部下が自分を超えることが怖いのだ。そのため部下を指導する際に知識の出し惜しみをしたり、正確に指導しないなどの嫌がらせをする。部下の足を引っ張って、自分が優位に立とうとするのだ。部下を陥れようとする上司の姿を周囲は滑稽に思うだろう。

5.部下の人間性に無関心

ダメな上司の部下との会話はもっぱら仕事の話。仕事の報告・連絡・相談のやりとりを密に行うことがコミュニケーションと勘違いしているのだ。部下の人間性には全く興味がなく、自ら話題を振ることはない。人間性を見てくれない部下は、上司との関係が希薄になり、本音で相談もできず会社を去っていくだろう。ダメな上司はその原因が自分にあることにも気付かないのだ。

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  2. 何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

    上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今…
  3. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
  2. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  3. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  4. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
  5. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  6. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
ページ上部へ戻る