【新入社員必見!】デキる新人のノート活用術

【新入社員必見!】デキる新人のノート活用術

新入社員の皆さんの中には、一日も早く仕事を覚え、会社にも慣れたいと張り切ってノートを使っている人も多いと思います。そこで頑張る新入社員の皆さんに向けてエールを贈るとともに、是非とも実践してほしい効率の良いノートの活用法をご紹介します。みるみるうちに「デキる」新人に変身すること請け合いです。

ノートは「メモ用」と「まとめる用」の2種類が必要

ノートは「メモ用」と「まとめる用」の2種類が必要

新入社員の皆さんが仕事でノートを活用するとき、業務を進めるために覚える必要のある情報を書くときもあれば、数日以内で不要になる情報もあるはずです。しかし、教えてもらっているときにそれらを見極めながらメモを取るのは困難。仕事に慣れないうちは、教えてもらったことは全てノートに書き写し、あとでそれらの情報のうち、重要度の高い内容とそうでないものを仕分けすることが大切です。

1.メモ用のノートの使い方

仕事では、上司や先輩から教えられたことはどんどんメモを取らなければなりません。丁寧な字で書いたり、構成やまとめ方を考慮したりしながらゆっくりと書く時間はありません。そのため、一冊目のノートは「メモ用」として活用しましょう。自分が読める範囲であれば字が汚くても大丈夫。初めて知ったことや気になったことなど、仕事に関する内容はとにかくメモ用のノートに書き殴りましょう。

2.まとめる用のノートの使い方

二冊目のノートは、メモ用のノートに書いた内容のうち、業務に関する知識や進め方・注意点といった重要な項目を書き写す「まとめる用」のノートとして活用します。丁寧な字で書きましょう。あとで見直すとき、どこにメモしたかすぐに分かるよう見出しシールをつけておくのもオススメです。

新入社員にオススメのノート活用術

新入社員にオススメのノート活用術

1.ノートは「メモ→まとめる」の二段階方式を

学生時代にノートと言えば、授業中や勉強中にとるもの。そこには常に机がありました。しかし、社会人になったらいつでも机にノートを広げて書くという場面ばかりではありません。先輩の机の横で仕事の説明を聞きながら、立って作業をしながら、PC操作をしながら覚えるべきことを書きこんでいかなければならない場合も多くあることでしょう。そのため、まずはメモをとり、後でそれをノートにまとめるという二段階の作業でノートを使うのが効率的な方法です。

2.メモ用ノートの選び方と活用術

まずは「ノートのためのノート=どこでもメモ」を用意しましょう。選び方のポイントは手のひらサイズで硬い台紙(表紙)がついていること。立ったままメモをとるためには、手のひらやポケットにすっぽりと収まり、机が無くても書ける台紙の硬さが必須です。ブロックの付箋でも良いですが、付箋ののり部分が服に引っかかったりバラけたりと、意外に使いにくいものです。オススメは手のひらサイズのリングノート。これは後述する「第二のノート」作成にも役立ちます。もちろんメモのパートナーには、すぐに書けるノック式のボールペンが必須アイテムです。ボールペンはポケットやIDカードにひっかけておけば、必要な時に焦って探したりせずに済みます。

3.まとめる用ノートの選び方と活用術

最初のうちは何をメモして良いかもわからない状態かもしれませんが、とりあえずは教わったことをその場でメモです。そして一日の終わりに、その日に書いたメモをふり返りながら、まとめる用のノートに転記していきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  2. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…
  3. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  2. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  3. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  4. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  5. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  6. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
ページ上部へ戻る