インバウンドマーケティングとは

最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも、正しくその言葉の意味を説明できる人は多くないかもしれません。そこで、ここでは「インバウンドマーケティング」はどんなものなのかについてご説明していきたいと思います。インターネットの世界を中心に、今後インバウンドマーケティングはより重要になっていくはずです。ここでしっかりとその概念や仕組みなどについて学んでおきましょう。


インバウンドとアウトバウンド

インバウンドマーケティングインバウンドマーケティングを理解する上で、まず知っておきたいのが「インバウンド」と「アウトバウンド」の考え方の違いです。インバウンドは内向きの考えで、顧客から企業へと働きかける行動のことを表し、アウトバウンドは反対に外向き、企業から顧客へと働きかける行動となります。例えば従来のセールスはアウトバウンドの考え方で捉えられてきました。企業が顧客を見つけアプローチしていく。テレアポを経て訪問営業などを行う営業スタイルは、まさにアウトバウンドな営業スタイルであると言えます。

しかし時代は移り、インバウンドマーケティングの考え方が重視される時代になりました。インバウンドは顧客に「見つけてもらう」ことを目的としたマーケティング施策になります。インターネットの普及により、顧客が企業を見つけることも容易な時代となりました。情報化社会が進み、多くの情報の中から好みの情報を顧客自らが見つけ出す時代へと移り変わっている背景があります。

インバウンドマーケティングでは見つけてもらうためにどのような施策が必要かを考えるマーケティング施策になります。インターネットを活用したインバウンドマーケティングでは、有益なコンテンツを提供することを中心に、検索結果から特定のターゲットへのアクセスを狙います。また、自社のWEBサイトへ訪問してもらい、そこから顧客化していくと言う一連のプロセス全てをインバウンドマーケティングと呼ぶことも知っておく必要があります。


インバウンドマーケティングの流れ

インバウンドインバウンドマーケティングは、いくつかの段階に分けて考えられるのが一般的です。最終的には顧客の獲得が目的となるわけですが、まずは見込み客に見つけてもらい、そこから顧客化を目指し、さらには満足度を高めていくことが求められます。インバウンドマーケティングはまず、見つけてもらうことを目的とします。インターネット上で有益なコンテンツを提供し、そこから自社サイトへの訪問へと繋げていきます。最近ではコーポレートサイトとは別に、オウンドメディアと呼ばれる、サービスに関連する情報を配信していく目的のブログなどを立ち上げ、そこでアクセスを獲得し見込み客を集めるやり方が主流となっています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 新卒営業マンの不安と解消方法

    新卒営業マンの不安と解消方法

    ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し…
  2. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  3. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  2. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  3. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  4. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  5. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  6. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
ページ上部へ戻る