インバウンドマーケティングとは

最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも、正しくその言葉の意味を説明できる人は多くないかもしれません。そこで、ここでは「インバウンドマーケティング」はどんなものなのかについてご説明していきたいと思います。インターネットの世界を中心に、今後インバウンドマーケティングはより重要になっていくはずです。ここでしっかりとその概念や仕組みなどについて学んでおきましょう。


インバウンドとアウトバウンド

インバウンドマーケティングインバウンドマーケティングを理解する上で、まず知っておきたいのが「インバウンド」と「アウトバウンド」の考え方の違いです。インバウンドは内向きの考えで、顧客から企業へと働きかける行動のことを表し、アウトバウンドは反対に外向き、企業から顧客へと働きかける行動となります。例えば従来のセールスはアウトバウンドの考え方で捉えられてきました。企業が顧客を見つけアプローチしていく。テレアポを経て訪問営業などを行う営業スタイルは、まさにアウトバウンドな営業スタイルであると言えます。

しかし時代は移り、インバウンドマーケティングの考え方が重視される時代になりました。インバウンドは顧客に「見つけてもらう」ことを目的としたマーケティング施策になります。インターネットの普及により、顧客が企業を見つけることも容易な時代となりました。情報化社会が進み、多くの情報の中から好みの情報を顧客自らが見つけ出す時代へと移り変わっている背景があります。

インバウンドマーケティングでは見つけてもらうためにどのような施策が必要かを考えるマーケティング施策になります。インターネットを活用したインバウンドマーケティングでは、有益なコンテンツを提供することを中心に、検索結果から特定のターゲットへのアクセスを狙います。また、自社のWEBサイトへ訪問してもらい、そこから顧客化していくと言う一連のプロセス全てをインバウンドマーケティングと呼ぶことも知っておく必要があります。


インバウンドマーケティングの流れ

インバウンドインバウンドマーケティングは、いくつかの段階に分けて考えられるのが一般的です。最終的には顧客の獲得が目的となるわけですが、まずは見込み客に見つけてもらい、そこから顧客化を目指し、さらには満足度を高めていくことが求められます。インバウンドマーケティングはまず、見つけてもらうことを目的とします。インターネット上で有益なコンテンツを提供し、そこから自社サイトへの訪問へと繋げていきます。最近ではコーポレートサイトとは別に、オウンドメディアと呼ばれる、サービスに関連する情報を配信していく目的のブログなどを立ち上げ、そこでアクセスを獲得し見込み客を集めるやり方が主流となっています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…
  3. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  2. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
  3. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  4. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  5. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  6. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
ページ上部へ戻る