インバウンドマーケティングとは

最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも、正しくその言葉の意味を説明できる人は多くないかもしれません。そこで、ここでは「インバウンドマーケティング」はどんなものなのかについてご説明していきたいと思います。インターネットの世界を中心に、今後インバウンドマーケティングはより重要になっていくはずです。ここでしっかりとその概念や仕組みなどについて学んでおきましょう。


インバウンドとアウトバウンド

インバウンドマーケティングインバウンドマーケティングを理解する上で、まず知っておきたいのが「インバウンド」と「アウトバウンド」の考え方の違いです。インバウンドは内向きの考えで、顧客から企業へと働きかける行動のことを表し、アウトバウンドは反対に外向き、企業から顧客へと働きかける行動となります。例えば従来のセールスはアウトバウンドの考え方で捉えられてきました。企業が顧客を見つけアプローチしていく。テレアポを経て訪問営業などを行う営業スタイルは、まさにアウトバウンドな営業スタイルであると言えます。

しかし時代は移り、インバウンドマーケティングの考え方が重視される時代になりました。インバウンドは顧客に「見つけてもらう」ことを目的としたマーケティング施策になります。インターネットの普及により、顧客が企業を見つけることも容易な時代となりました。情報化社会が進み、多くの情報の中から好みの情報を顧客自らが見つけ出す時代へと移り変わっている背景があります。

インバウンドマーケティングでは見つけてもらうためにどのような施策が必要かを考えるマーケティング施策になります。インターネットを活用したインバウンドマーケティングでは、有益なコンテンツを提供することを中心に、検索結果から特定のターゲットへのアクセスを狙います。また、自社のWEBサイトへ訪問してもらい、そこから顧客化していくと言う一連のプロセス全てをインバウンドマーケティングと呼ぶことも知っておく必要があります。


インバウンドマーケティングの流れ

インバウンドインバウンドマーケティングは、いくつかの段階に分けて考えられるのが一般的です。最終的には顧客の獲得が目的となるわけですが、まずは見込み客に見つけてもらい、そこから顧客化を目指し、さらには満足度を高めていくことが求められます。インバウンドマーケティングはまず、見つけてもらうことを目的とします。インターネット上で有益なコンテンツを提供し、そこから自社サイトへの訪問へと繋げていきます。最近ではコーポレートサイトとは別に、オウンドメディアと呼ばれる、サービスに関連する情報を配信していく目的のブログなどを立ち上げ、そこでアクセスを獲得し見込み客を集めるやり方が主流となっています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 友達と一緒に起業してはいけない3つの理由

    起業を志している方であれば、「友達と起業してはいけない」ということを耳にしたことが1度はあるのではな…
  2. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…
  3. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
  2. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  3. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  4. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  5. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  6. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
ページ上部へ戻る