謙虚な人の6つの特徴

一方で横柄な人は、仕事の実績は自分ひとりの努力や能力によって成し得たものと考え、周囲に態度で示します。そのため、いざ困ったときに助け舟を出してくれる人がおらず、窮地に陥るのです。

謙虚な人になる2つの方法

謙虚な人になる2つの方法

1.高い目標を持ち、行動する

人生何事も上手くいっているときは気持ちに余裕が生まれるため、ときに傲慢や横柄な態度になってしまったり、周囲の人の苦労や労力を軽視してしまう場合があります。謙虚な人は自分が苦労を重ねてきた経験があるからこそ、他人の辛さにも共感することができるし、また手を差し伸べることができるのです。

もしあなたが周囲に対する接し方の中で、相手の努力や成果に軽んじた言動をしてしまったことがあるとすれば、仕事や人付き合いの面が、これまで比較的上手く立ち回ることができたのかもしれません。

大きな目標に向かって行動したとき、多くの場合、上手くいかず、失敗や挫折をしてしまいます。その経験を何度も繰り返すことによって、一歩一歩前に進むことができ、最終的に成功を手にすることができるのです。目標を持って行動するということは、人生を豊かにするとともに、失敗や挫折の経験によって、人の気持ちを理解できる機会にもなるでしょう。

2.相手の意見を受け入れる姿勢を持つ

自己主張の強い人は、相手の話に聞く耳を持たず、自身の意見や主張を通すことを第一に考えます。話の途中で異論が出たり、反論されると感情的になって相手を口先でまるめこみ、自分の意見に従わせようとしてしまいがち。

まずは冷静になって相手の意見を最後まで聞き、客観的に考えて有益なものかどうか判断することが大切です。そうすれば、相手の話の中で納得できる部分と、同意できない部分に分かれるはず。納得できることは素直に共感し、それを相手に伝え、同意できないことは「一理あるとは思うけど、今回のケースでは当てはまらないんじゃないかな?」などと、相手の意向を汲むことが大事です。真っ向から否定するような伝え方は控えましょう。

相手が目下の人であっても、話し手の言葉を聞く前から無益と判断することなく、フラットな視点で話し合う姿勢を持つことを意識しましょう。

謙虚な人は人から好かれる

謙虚さは、相手の気持ちを理解したり、相手を優先する心遣いを持っているため、人から好かれる人の特徴でもあります。日本では謙虚さが美徳と言われるように、他人に対して低姿勢をとることは、社会で生きていく上で必要な要素のひとつです。

特に職場などのコミュニティでチームワークを発揮するためには、周囲の意見を大事にする謙虚さは必須といえます。常に思いやりの気持ちを持って相手と接することを大事にできる人になりたいですね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  2. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  3. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  2. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  3. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  4. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  5. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  6. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
ページ上部へ戻る