職場の人間関係に疲れて転職するのはNGか

「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」となった場合、皆さんは転職を決断されるでしょうか。当サイト恒例の転職について考えるシリーズですが、今回は「職場の人間関係に疲れてしまった場合に転職することはNGなのかどうか」というテーマです。果たして転職することはNGなのかどうか、当サイトが独自取材をもとにまとめた見解をぜひ参考にしてください。


転職後のビジョンを持つことが大切

職場の人間関係が理由であろうとなかろうと、転職する場合に必ず考えておかなければならないのが転職後のビジョンです。どのような業種、職種、勤務条件の企業へ転職をしたいのか、また転職を通じてどのような仕事や自己実現を果たしたいのか等々に対して明確なビジョンを持っていなければ、面接時にも必ず尋ねられますので転職活動自体が上手くゆきません。

つまり「職場の人間関係」という理由の是非はともかく、「現在の職場から逃れたい・離れたい」という理由だけが転職目的となってしまってはダメだということです。転職理由の如何に関わらず、転職するならば「転職に対するビジョンや転職後の仕事に対するビジョン」を確立させた後だということをまず理解しておいてください。


転職後の職場でも人間関係上の悩みに直面する可能性はある

転職後のビジョンをしっかり確立できたとしても、職場の人間関係に疲れたことが転職のきっかけとなったならもう一つ心得ておかなければならないことがあります。それはこの見出しのとおり、転職しても人間関係の悩みから解放されるとは限らないということです。確かに転職すれば「現在の職場で生じている人間関係上の悩み」からは解放されます。転職先では現在の職場のようなひどい人間関係に悩むこともなくなる「可能性」もあります。

しかしその一方で、転職先には現在の職場以上に厄介な人物がいたりする可能性や、現在の職場よりもっとひどい人間関係上のトラブルが生じたりする可能性だってあるのです。こればかりは実際に就職して働いてみない限り誰にもわかりません。では転職先でも再度人間関係上の悩みが生じた場合には、また転職するということで良いのでしょうか。

お伝えしたとおり転職すれば人間関係で悩まずに済む保障などありませんし、転職を繰り返せる年齢や回数には限度がありますのでやがて転職そのものができなくなってしまいます。従って人間関係に対する悩みが実質的に最も大きな転職理由となっている方は、転職が人間関係の悩みから解放される「幸福の切符」でないことはよくよく認識しておく必要があります。


人間関係の問題解決に取り組んだ上で転職すべきを検討する

前述を読まれてこの記事は単純に「人間関係を理由とした転職はすべきではない」というのが結論かと思われた方もいるかも知れませんが、決してそうではありません。一言で「人間関係」と言ってもケースバイケースです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…
  2. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  3. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  2. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  3. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
  4. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  5. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  6. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
ページ上部へ戻る